水中ドローンCCROVで水中撮影した江の島西浦漁港の海(Sea of Enoshima Nishiura fishing port taken underwater with drone CCROV)

2019/11/18 ブログ

空中ドローンと比べて、水中ドローンの認知度は著しく低いです。一般の人は、ほとんど知らないと思います。空中ドローンは、多くの空撮映像がニュースやテレビ番組に使われています。実際、「空中ドローンで撮影しました。」というテロップさえ出なくなる位、一般的になりました。「ドローン」と言えば、「空中ドローン」を指し示す言葉になりました。一方、テレビで「ドローン」という言葉が出る場合、「観光客がドローン禁止地域でドローンを飛ばしてしまった」または「ドローンが兵器として利用された」という悪いニュースとして報道されています。空中ドローンは空撮で活躍する一方、規制も厳しくなっていて離島や過疎地以外での宅配便で利用するということも難しそうです。では、水中ドローンはどのような利用方法があるのか、というと、海や湖の生物撮影や船底の観察、海底の地形観察、魚介類の養殖の観察、定置網内の漁獲量のチェック、橋桁などの水中インフラの観察など様々な利用法があります。その一つとして、海中の水中撮影を行い、その映像を環境教育への活用があると思います。

今回は、今問題となっている海のプラスチックごみについて考える教育用映像の撮影を行いました。場所は観光客が多く訪れる江の島の海で、水中ドローンCCROVを使って撮影しました。一つ目は、西浦漁港の海です。既に漁港は無く、ウインドサーフィンなど海のレジャー用の海岸になっています。もちろん、釣り人もいました。CCROVで撮影した映像を見てみると、ここの海底は砂浜でした。その砂浜は流れの影響で波を打ったような形になっていました。そして、海底にはご飯パックの破片やビニール袋、ペットボトル、よくわからない透明なビニール袋の破片など、沢山のプラスチックごみが見られました。落ちているプラスチックごみはかなりの数でした。また、CCROVで撮影した映像にはカニや魚が映っていました。プラスチックごみと生物が共存することで、プラスチックごみを生物が誤食し、死に至るというケースがあるそうです。一方で、プラスチックごみを食べても死ななかった魚介類は、さらに大きな魚やカニに食べられて、私たちが食べるような魚に取りこまれるというケースも想定されています。実際に海を上から見てもプラスチックごみは見当たらないので、一見綺麗な海に見えました。しかし、海の中はプラスチックごみだらけです。私たちの身近な海は、プラスチックごみで汚染されているのです。

日本の海はプランクトンが豊富で、非常に濁っています。水中ドローンで撮影した映像も決して綺麗な海の映像にはなりません。しかし、環境問題を真剣に考える教育用水中映像を撮影できるでしょう。将来の日本の海を考える上で、子供たちに今の環境汚染を伝えることは、大人たちの義務ではないでしょうか?この映像はYouTubeにアップロードしました。

江の島西浦漁港の海

 当社では、教育機関や教育に利用される非営利団体のお客様に、水中ドローン全機種のレンタル料金最大30%割引を実施しております。ご利用下さい。

Compared to aerial drones, the awareness of underwater drones is significantly lower. I don't think most people know. Airborne drones use a lot of aerial images for news and TV shows. In fact. It has become so popular that even the telop that says "I shot with an aerial drone." Speaking of "drone", it became the word that points to "air drone". On the other hand, when the word “drone” appears on TV, it is reported as bad news that “a tourist has thrown a drone in a drone-prohibited area” or “a drone has been used as a weapon”. While air drones are active in aerial photography, regulations are becoming stricter and it seems difficult to use them for courier services outside remote islands and depopulated areas. Then, what kind of usage is available for underwater drones, such as taking pictures of the sea and lakes, observing the bottom of the ship, observing the topography of the seabed, observing seafood culture, checking the catch in the stationary net, bridge girder, etc. There are various uses such as observation of underwater infrastructure. As one of them, I think that underwater photography is performed underwater and the video is used for environmental education.

This time, we filmed an educational video to think about the plastic waste in the sea that is now a problem. The place was the sea of Enoshima where many tourists visit, and it was taken using an underwater drone CCROV. The first is Nishiura fishing Port Sea. There is no fishing port already, and it is a coast for leisure activities such as windsurfing. Of course, there were anglers. Looking at the video taken with CCROV, the seabed here was a sandy beach. The sandy beach was shaped like a wave due to the flow. A lot of plastic waste was seen on the seabed, such as broken rice packs, plastic bags, plastic bottles, and transparent plastic bag fragments. There were quite a few plastic wastes falling. In addition, crabs and fish were reflected in the video taken with CCROV. It seems that there are cases where plastic waste and living things coexist, resulting in death of living things by living organisms. On the other hand, it is also assumed that seafood that did not die after eating plastic waste could be eaten by larger fish and crabs and caught in fish that we eat. Even if you actually look at the sea from above, no plastic waste was found, so it seemed beautiful at first glance. However, the sea is full of plastic garbage. Our familiar sea is contaminated with plastic waste.

The Japanese sea is rich in plankton and very cloudy. Video taken with an underwater drone will never be a beautiful ocean video. However, you can shoot underwater video for education that seriously considers environmental issues. Isn't it an adult's duty to convey the current environmental pollution to children when considering the future of the Japanese sea? This video was uploaded to YouTube.

Sea of Enoshima Nishiura fishing port

We offer discounts of up to 30% on rental fees for all underwater drones for educational institutions and non-profit organizations used for education. Please use our rental service.