水中ドローンInspector 1がコントロールパッドに対応します。(Underwater drone Inspector 1 corresponds to the control pad.)

2020/02/08 ブログ

 これまで、水中ドローンInspector 1iPad上だけで操作が可能でした。PowerRayCCROVは、元々コントロールパッドが付属して、iPad上でもコントロールパッドでも操作が可能でした。実際に使ってみると、PowerRayCCROViPadよりもコントロールパッドの方が、操作しやすいという感想でした。やはり、画面上に指を置いて操作すると、映像が見にくくなります。水中ドローンで海を探索していると、カニやエビ、魚などを見かける時があります。その時、思わず良く見ようとして指をiPad画面から外してしまいます。すると、水中ドローンの操作が止まり、魚などを追うことができません。でも、コントロールパッドを使う場合、iPad画面の水中画像はしっかり見えます。何か画面に気になる生き物や構造物が出てきても、落ち着いて追跡できます。何よりも、水中ドローンを通して水中映像をじっくりと楽しめます。やはり、コントロールパッドは水中ドローンの操作に必需品だと思います。特にInspectorはカメラの上下動も操作するので、iPad上での操作が多いのです。

 Inspector シリーズは元々、コントロールパッドは付属していません。Inspectorで使用するコントロールパッドは、SteelSeriesワイヤレスゲーミングパッドNimbus Wireless Controller Black 69070です。このコントロールパッドはiPadBluetooth接続可能で、多くのゲームでも利用できるようです。コントロールパッドによる操作は、十字キーで前進後進、左右の平行移動、ボタンで上昇下降、録画と写真撮影、L or Rボタンでライトの点灯、Rスティックでカメラの上下動、本体の回転動作となっています。当自然環境活用開発合同会社では、このコントロールパッドを用意しました。Inspector 1のレンタル時に付属していますので、ご利用下さい。このコントロールパッドは充電式で、Lightning ケーブルで充電します。USBケーブルではないので注意して下さい。またこのコントロールパッドの使用に、Nimbus Wireless Controller用アプリもお使いのiPadにインストールする必要があります。当社がレンタルするiPadにはインストールされていますので、安心してお使いください。

 水中ドローンInspectorをコントロールパッドで操作する時、一つ問題があります。それは、PowerRayCCROVは元々コントロールパッドにiPhoneiPadを装着するホルダーが着いていますが、Nimbus Wireless Controller にはiPadを装着するホルダーは着いていません。そのためコントロールパッドを使用する場合、iPadを別に置いておくか、首掛け式のタブレットホルダーで首からかけて使用する必要があります。ご注意ください。

Until now, the underwater drone Inspector 1 could only be operated on the iPad. PowerRay and CCROV originally came with a control pad, and could be operated on the iPad or the control pad. When I actually used it, I felt that the control pad was easier to operate for both PowerRay and CCROV than for the iPad. After all, if you put your finger on the screen and operate it, it will be difficult to see the image. When exploring the sea with an underwater drone, you sometimes see crabs, shrimps, fish and so on. At that time, I take my finger off the iPad screen to look at it. Then, the operation of the underwater drone stops, and you cannot follow fish etc. However, when using the control pad, the underwater image on the iPad screen is clearly visible. You can calmly track any creatures or structures that appear on the screen. Above all, you can enjoy the underwater video through the underwater drone. After all, I think that the control pad is a necessity for the operation of the underwater drone. Inspector also controls the vertical movement of the camera, so there are many operations on the iPad.

The Inspector series does not originally come with a control pad. The control pad used in Inspector is the SteelSeries Wireless Gaming Pad Nimbus Wireless Controller Black 69070. This control pad can be connected to the iPad via Bluetooth and seems to be available for many games. Use the control pad to move forward and backward with the cross key, move left and right, move up and down with the button, record and take photos, turn on the light with the L or R button, move the camera up and down with the R stick, rotate the main unit I am. This control pad has been prepared by the Natural Environment Development Partnership. Please use it when renting Inspector 1. This control pad is rechargeable and charges with a Lightning cable. Please note that it is not a USB cable. To use this control pad, you must also install the Nimbus Wireless Controller app on your iPad. It is installed on the iPad we rent, so please use it with confidence.

There is one problem when operating the Underwater Drone Inspector with the control pad. It is because PowerRay and CCROV originally come with a holder for mounting an iPhone or iPad on the control pad, but Nimbus Wireless Controller does not have a holder for mounting an iPad. Therefore, when using the control pad, you need to place the iPad separately or use it around your neck with a neck-mounted tablet holder. Please be careful.