新型コロナウイルス治療薬「アビガン」とは、どんな薬?副作用は強い?(What is the new coronavirus drug “Avigan”? Are side effects strong?)

2020/04/02 ブログ

 新型コロナウイルス感染症が全世界で広がり、既に感染者が80万人を超え、死者も4万人を超えました。この数値と回復者数19万人から単純計算すると、致死率は約4%となります。過去に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)と中東呼吸器症候群(MERS)は、同様にコロナウイルスが原因ですが、致死率はそれぞれ9.6%と9%でした。まだ、最終的な結果は出ておりませんが、今回の新型コロナウイルスは、SARSやMERSと比較して、致死率は低いと予想されます。SARSとMERSの治療薬は、結局開発されませんでしたが、今回の新型コロナウイルス感染症に対しては、「アビガン」という薬が認可されるようです。

 

「アビガン」とはどんな薬なのか?

 

 アビガンの一般名称は、ファビピラビル(英語名:Favipiravir)と言います。抗インフルエンザ薬として、富士フイルム富山化学株式会社が開発・販売しています。アビガンは、インフルエンザウイルスの増殖に必要なRNAポリメラーゼを選択的に阻害する作用があります。その結果、インフルエンザウイルスの増殖が抑えられて、治療効果を発揮します。同時に、ヒトが元々持っているDNAポリメラーゼやRNAポリメラーゼもまた、少しだけ阻害しますが、あまり影響は無いようです。そして、このアビガンをインフルエンザ治療薬として用いられる際に但し書きがあります。「他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分なものに限る。」という但し書きです。よくインフルエンザ治療薬としてタミフルやリレンザ、ゾフルーザなどを耳にしますが、アビガンはあまり聞かないのは、但し書きのためだと思います。そして、但し書きが添付された理由は、強い副作用にあります。

 

「アビガン」の副作用は催奇性(奇形児出産のリスク)

 

 アビガンは、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与できません。副作用に催奇性(胎児に影響し、奇形児出産の危険性)があるからです。ラットやマウスを使った動物実験の結果、雌生存胎児体重の減少、外表異常発現率の増加(頭部及び尾部)、骨化数の減少が認められました。また、カニクイザルを使った動物実験では、羊水過多、外表異常(口蓋裂、局所性浮腫、腹部膨満)、内臓異常(腹水貯留、肺水腫、肝臓の腫脹・変色巣)が認められました。そのため、妊婦さんや妊娠を計画している女性に対しては、投与が禁止されています。また、このアビガンは男性の精液にも移行することが知られています。妊娠を計画しているご夫婦では、男性がアビガンを服用した時、妊娠しないように対処が必要です。

 

 まだまだ、新型コロナウイルスの影響は続くでしょう。当自然環境活用開発合同会社でも、水中ドローンを利用される方が減ってきています。イベント等が自粛されているためですが、今や外出自体が自粛となり、釣行などで水中ドローンを利用することも無くなっています。おそらく、全ての人の願いかもしれませんが、新型コロナウイルスの流行が早く収拾されることを願っています。
 

 The new coronavirus infection has spread worldwide, with more than 800,000 people infected and more than 40,000 dead. A simple calculation based on this figure and 190,000 people recovered gives a fatality rate of about 4%. In the past, severe acute respiratory syndrome (SARS) and Middle East respiratory syndrome (MERS) were similarly caused by coronaviruses, but the mortality rates were 9.6% and 9%, respectively. Although no final results have yet been reported, this new coronavirus is expected to have a lower mortality compared to SARS and MERS. Therapeutic agents for SARS and MERS were not developed in the end, but it appears that the drug Avigan is approved for this new type of coronavirus infection.

 

What kind of medicine is "Favipiravir"?

 

 The general name of Favipiravir is Fabipiravir (Japanese name: AVIGAN). Developed and sold by Fujifilm Toyama Chemical Co., Ltd. as an anti-influenza drug. Avigan has the ability to selectively inhibit the RNA polymerase required for influenza virus growth. As a result, the proliferation of influenza virus is suppressed, and it has a therapeutic effect. At the same time, human native DNA and RNA polymerases also inhibit slightly, but do not appear to have much effect. And there are provisos when using this Avigan as a flu treatment. A proviso that "they are limited to those in which other anti-influenza virus drugs are ineffective or insufficiently effective." I often hear Tamiflu, Relenza, and Zofluza as anti-influenza drugs, but I don't think I hear much about Avigan. And the reason why the proviso is attached is because of strong side effects.

 

Side effects of “Favipiravir” are teratogenic (risk of childbirth)

 

 Avigan cannot be administered to pregnant women or women who may be pregnant. Side effects are teratogenic (affecting the fetus and giving birth to a malformed child). Animal studies using rats and mice showed a decrease in live female fetal weight, an increase in the incidence of external abnormalities (head and tail), and a decrease in the number of ossifications. In animal experiments using cynomolgus monkeys, excessive amniotic fluid, abnormal external appearance (cleft palate, local edema, abdominal distension) and abnormal internal organs (ascites retention, lung edema, liver swelling and discolored lesions) were observed. For this reason, administration is prohibited for pregnant women and women planning to become pregnant. This Favipiravir is also known to be transferred to male semen. Couples planning to become pregnant should take steps to prevent men from becoming pregnant when they take Avigan.

 

 Still, the effects of the new coronavirus will continue. The use of underwater drones is decreasing at this natural environment utilization development partnership. This is because events are being restrained, but going out is now restrained, and there is no longer any use of underwater drones for fishing. Perhaps everyone's wish, but we hope that the outbreak of the new coronavirus will be quickly remedied.