新型コロナウイルス流行は、夏に終息する?秋に第二波が来る?(Will the new coronavirus epidemic end in summer? Will the second wave come in autumn?)

2020/05/20 ブログ


 最近、テレビ朝日の報道番組で「新型コロナウイルスは高温多湿が苦手で、紫外線に弱い。だから、新型コロナウイルス流行は夏に一旦終息するだろう。」と報じていました。本当に新型コロナウイルス流行は、夏に一旦終息するのでしょうか?新型コロナウイルスに限ったことではありませんが、一般に細菌やウイルスは、紫外線に弱いです。紫外線は、細菌やウイルスの遺伝子を傷つけて、不活化します。人が強い紫外線を浴びると皮膚ガンになる原因は、紫外線によりゲノム遺伝子が傷つけるためです。果たして、紫外線や高温多湿で新型コロナウイルスは、不活化されるのでしょうか?

 

夏に終息するというのは、希望的観測です。

 

 世界保健機構(WHO)は、新型コロナウイルスは高温多湿で不活化しないと報じています。もっとも、WHOの報告はあまり信用ができませんが、高温多湿の東南アジアでも新型コロナウイルスが流行しています。高温多湿で新型コロナウイルスが不活化するというのは、私も同意できません。また、紫外線による不活化は紫外線がウイルスに当たらないと効果がありません。現在考えられている新型コロナウイルスの主な感染方法は、人のつばや吐息などの飛沫感染です。主に人の気道や鼻腔にいる新型コロナウイルス本体に、どのように紫外線を当てるのでしょうか?また、オフィスや電車、バスの車内など、紫外線も当たらず、エアコンで快適温度や湿度になっている室内では、夏の要素はありません。したがって、新型コロナウイルスの流行が夏に一旦終焉するというのは、希望的観測でしか、ありません。ちなみに、少しでも新型コロナウイルス本体の周りに水分があると、紫外線を通しません。高温多湿は、紫外線を防御する要因にもなります。

 

秋に新型コロナウイルスの流行の第二波が来るのか?

 

 いえいえ、秋まで待つ必要はありません。韓国の事例にある通り、感染者一人の行動によって、いつ第二波が来てもおかしくありません。北海道でも小さいながらも、新型コロナウイルスの流行の第二波が来ました。新型コロナウイルスが流行するか否かは、決して気候等に依存するわけでなく、人々の行動に依存すると考えるべきだと思います。テレビ朝日も専門家を呼んで、色々検証していましたが、少し半可通気味の出演者が台無しにしていました。ちなみに、科学的なニュースに対する3大新聞社の解説力は、毎日新聞>読売新聞>>>>>>>>>朝日新聞です。朝日新聞の医療や科学ニュースに対する取り扱いは全く出来ていません。もうイデオロギーで新聞記事を書く時代でも無いので、編集部は少し考えてみてはいかがでしょうか?


 いくつかの県で、非常事態宣言が解除されています。まだ、「3密」は避けるべきですが、郊外に出て自然を満喫してはいかがでしょうか?当自然環境活用開発合同会社では海や湖の中を観察できる、水中ドローンをレンタルしております。また、アクションカメラもレンタルしております。新しい思い出や記録映像を撮影しては、いかがでしょうか?ご利用をお持ちしております。
 

 Recently, in a news program on TV Asahi, he reported, "The new coronavirus is not good at high temperature and humidity and is weak against ultraviolet rays, so the new coronavirus epidemic will end in the summer." Will the new coronavirus epidemic really end in the summer? Bacteria and viruses are generally vulnerable to ultraviolet light, although not limited to new coronaviruses. Ultraviolet light damages and inactivates bacterial and viral genes. The cause of skin cancer when a person is exposed to strong UV rays is that genomic genes are damaged by UV rays. Will the new coronavirus be inactivated by UV rays and heat and humidity?

 

Ending in summer is a hopeful observation.

 

 The World Health Organization (WHO) reports that the new coronavirus does not inactivate in hot and humid conditions. Although the WHO report is not very reliable, the new coronavirus is prevalent in hot and humid Southeast Asia. I can not agree that the new coronavirus is inactivated by heat and humidity. Also, inactivation by ultraviolet rays is ineffective unless the ultraviolet rays hit the virus. The main infection method of the new coronavirus currently considered is droplet infection such as the brim and breath of a person. How do you irradiate the main body of the new coronavirus mainly in the human respiratory tract and nasal cavity with ultraviolet light? In addition, there is no summer element in a room where the temperature is comfortable and the humidity is not affected by ultraviolet rays, such as in the office, train, or bus. Therefore, it is only a wishful observation that the epidemic of the new coronavirus will end in summer. By the way, if there is even a little water around the new coronavirus body, it will not pass ultraviolet light. High temperature and humidity are also factors that protect against ultraviolet rays.

 

Is the second wave of the new coronavirus epidemic coming in autumn?

 

 No, you don't have to wait until autumn. As in the case of South Korea, it is not unusual for the second wave to come at any time due to the actions of one infected person. The second wave of the new epidemic of coronavirus has arrived in Hokkaido, even though it is small. I think that whether or not the new coronavirus becomes epidemic does not depend on the climate, etc., but on the behavior of people. TV Asahi also called in experts to verify various things, but the performers who were a little semi-ventilated were ruined. By the way, the commentary of the three major newspaper publishers on scientific news is Mainichi Shimbun> Yomiuri Shimbun >>>>>>>>>>>>> Asahi Shimbun. Asahi Shimbun does not handle medical or scientific news at all. It's not the time to write newspaper articles in ideology anymore, so why don't you think about the editorial department a little?


 The state of emergency has been lifted in some prefectures. You should still avoid "3 dense", but why not go out to the suburbs and enjoy nature? This natural environment utilization development joint venture rents an underwater drone that allows you to observe the inside of the sea and lake. We also rent action cameras. How about shooting new memories and recorded images? We wait for your use.