東京アラートが発動されます。何か変わるのでしょうか?(Tokyo alert will be activated. Will something change?)

2020/06/02 ブログ

 東京は、ここ2,3日新型コロナウイルス感染者が増加していました。とうとう今日は、新規感染者が34人となり、明確に第二波の予兆が現れました。小池都知事の東京アラートは、以下の3つ条件が満たされる時、発動されます。


1.「1日あたりの新規感染者が20人未満」
2.「新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満」
3.「週単位の感染者増加比が1未満」

 実は、ここ2,3日の感染状況で、2と3の条件は既に満たされていました。そして、今日の34人の新規感染者が出たことで1の条件も満たされました。その結果、東京アラートの発動が決まったようです。

 

東京アラートが発動すると、何が変わるのか?

 

 せっかく緊急事態宣言が解除され、東京の繁華街にも人が出始めて、経済も回り始める雰囲気でした。実際、東京都は6月1日、休業要請の解除行程を3段階で示すロードマップの「ステップ2」に移行しています。ステップ2では、映画館や学習塾、スポーツジム、商業施設などの営業が再開可能となります。そんな中で、東京アラートが発動すると、また営業自粛が要請されるのでしょうか?多くの人は、東京アラートが発動すると「レインボーブリッジが赤く点灯する。」ということを耳にしたことがあると思います。しかし、現実的に何が行われるのか、知っている人は少ないでしょう。小池都知事によると、現行の営業自粛緩和のステップが直ちに変わることは無いそうです。しかし、「より一層、外出、特に夜の街へのお出かけを控えていただくことなどをお願いする」という、アラートの意味のまま、単なる注意喚起を行うようです。何のことはありません。単なる「注意喚起」であり、「東京アラート」などという大げさな造語を出してきただけでした。

 

そんな「東京アラート」で大丈夫か?

 

 3月25日に小池都知事が、緊急記者会見を行ったとき、「感染爆発の重大局面にある」とし、平日もできるだけ仕事は自宅でするように呼び掛け、週末の不要不急の外出自粛を要請しました。東京都では3月23日に16人、24日に17人、25日に41人と3日間で74人の感染が確認されていました。では、ここ2,3日ではどうでしょうか?5月30日に14人、5月31日に5人、6月1日に37人と、3日間で56人の感染者が確認されています。小池都知事自身、新型コロナウイルスのオーバーシュートに対する危機感が薄れていることがわかります。一方、経済に対する配慮が必要であることも事実です。「東京アラート」を警告止まりにするために、何か政策があるのでしょうか?それとも、小池都知事は無策のまま警戒レベルを下げて、新型コロナウイルス第二波を覚悟の上で、経済の活性化を図るのでしょうか?一応、小池都知事は東京アラートの後で、新規感染者が増加した場合、各事業に再び営業自粛を求めると言っています。果たして、有言実行となるのでしょうか?


 東京都と神奈川県、福岡県以外では、緊急事態宣言が解除されています。そこで、郊外に出て自然観察で、外出自粛のストレスを解消してはいかがでしょうか?当自然環境活用開発合同会社では海や湖の中を観察できる、水中ドローンをレンタルしております。水中ドローンは全国に発送できます。また、ソニーのアクションカメラFDR-X3000や360°カメラGoPro fusionもレンタルしております。新しい思い出や記録映像を撮影しては、いかがでしょうか?ご利用をお持ちしております。
 

In Tokyo, the number of people infected with the new coronavirus has been increasing for the past few days. Finally, today, there are 34 new infected people, and the sign of the second wave has clearly appeared. Governor Koike's Tokyo Alert will be activated when the following three conditions are met.
1. "Less than 20 new infections per day"
2. “Unknown percentage of new infections is less than 50%”
3. "The weekly increase in infected persons is less than 1"
Actually, the conditions of 2 and 3 have already been met in the infection situation in the last few days. And today's 34 new infected people have met condition 1. As a result, it seems that Tokyo Alert has been activated.

 

What will change when the Tokyo alert is activated?

 

 It was an atmosphere where the emergency declaration was lifted, people began to appear in downtown Tokyo, and the economy began to rotate. In fact, on June 1, Tokyo has moved to “Step 2” of its roadmap, which shows the process of canceling leave requests in three stages. In Step 2, you can resume operations such as movie theaters, cram schools, gyms, and commercial facilities. Under such circumstances, will Tokyo Alert be required to refrain from sales again? I think many people have heard that when the Tokyo Alert is activated, the "rainbow bridge lights up in red." However, few people know what is going on. According to Governor Koike, the current steps to alleviate sales restraints will not change immediately. However, it seems that he will simply call attention, with the meaning of the alert as "please refrain from going out, especially going out to the city at night". There is nothing. It was just an "alert", and it had only come up with exaggerated coined words such as "Tokyo Alert."

 

Is such "Tokyo Alert" all right?

 

 When Governor Koike held an emergency press conference on March 25, he stated that he was "in a critical phase of the infection and explosion" and called for work at home as much as possible on weekdays and refrained from going out on weekends. I requested. In Tokyo, 16 people were infected on March 23, 17 people on 24th, 41 people on 25th, and 74 people were infected in 3 days. But what about the last couple of days? 14 people were confirmed on May 30, 5 people on May 31, 37 people on June 1, and 56 people were confirmed in three days. It can be seen that Governor Koike himself is lessening the sense of crisis overshooting the new coronavirus. On the other hand, it is also true that the economy needs to be considered. Is there any policy to stop "Tokyo Alert" from warning? Or will Governor Koike revitalize the economy by lowering the alert level without preparation and preparing for the second wave of the new coronavirus? For the time being, Governor Koike says that after the Tokyo Alert, if new infections increase, each business will be asked to refrain from selling again. Will it really be a word?


 Emergency declarations have been lifted outside of Tokyo, Kanagawa and Fukuoka prefectures. So why not go out in the suburbs and observe the nature to relieve the stress of going out? This natural environment utilization development joint venture rents an underwater drone that allows you to observe the inside of the sea and lake. Underwater drones can be shipped nationwide. We also rent Sony action camera FDR-X3000 and 360° camera GoPro fusion. How about shooting new memories and recorded images? We have you use.