避難時の新型コロナウイルス感染予防(Prevention of new coronavirus infection during evacuation)

2020/06/19 ブログ

 次第に雨の日が多くなっています。最近の日本は、豪雨による洪水や強風による家屋の破壊など、夏に多くの災害が発生しています。今年の夏も、台風が上陸して避難を余儀なくされる地方があるでしょう。しかし、例年と異なる点は、新型コロナウイルスに対する対処です。万が一、避難が必要となった場合、避難所に行くと、多くの人が集まっているという状態になりかねません。災害による避難は、緊急事態の回避です。新型コロナウイルス感染とは関係なく、特にお年寄りは素早く非難するべきでしょう。問題は、どこに避難するべきか?という点です。

 

安全な場所に住んでいて、身を寄せられる親戚や知人はいますか?

 

 内閣府や消防庁が配布しているパンフレットには、上記の質問が入っています。もし親戚や知人がいた場合、そちらに避難するように促しています。避難所に集まる人をできるだけ減らそうということでしょう。また避難所でも、できるだけ広い場所を用意する努力がされています。そのため、市町村が指定する避難所が変更・増設されている可能性があるので、市町村のホームページをチェックしておきましょう。また、マスク・消毒液・体温計が避難所では不足しているので、自ら携行することを勧めています。避難所に行く場合、個人的には自分のコップを持って行った方が良いと思います。避難所では、おそらくパンやおにぎりなどの食料が用意されているでしょう。これらは個別包装のため、他者と接触することはありません。一方、飲料水は断水していなければ、水道から汲むことになります。その場合、紙コップなどが用意されているとは思いますが、数に限りがあるでしょう。また、断水していた場合、ペットボトルの水が配給されるでしょう。2Lペットボトルの水を2,3人で飲むことになるでしょうから、やはりコップは必須でしょう。ペットボトルの水を回し飲みする事態になれば、新型コロナウイルス感染リスクが高まります。

 

安全なところにいる場合は、避難しないという選択も必要です。

 

 避難勧告は多くの場合、市町村単位で出されます。しかし、例えば同じ町に住んでいても、高台や川や海から離れたところに住んでいて、洪水・高潮や土砂崩れの心配が無い場合、果たして避難は必要でしょうか?実際に自分の家が災害と無縁な場合、例え避難勧告が出されていても、避難所へは行かないという選択をするべきでしょう。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためにも、慎重な行動が求められます。

 

今こそ、防災インフラのチェックをして欲しいです。

 

 川や海の防波堤は、大丈夫でしょうか?亀裂が入って、強度が落ちていないでしょうか?点検を行う際、水中ドローンを利用すれば、3密状態になりません。当社の水中ドローンレンタルサービスを是非ご利用下さい。4K映像で撮影が可能で、撮影した映像をテレワークで利用すれば、多くの人でチェックが可能となります。ご連絡をお待ちしております。
 

 Rainy days are gradually increasing. In recent years, Japan has suffered many disasters in the summer, such as floods caused by heavy rain and houses destroyed by strong winds. This summer too, there will be some areas where typhoons will land and forced to evacuate. However, what is different from usual years is the countermeasure against the new coronavirus. If you need to evacuate, you may find that many people are gathering at the shelter. Evacuation due to a disaster is avoidance of an emergency. Irrespective of the new coronavirus infection, especially elderly people should be blamed quickly. Where is the problem? That is the point.

 

Do you have relatives or acquaintances who live in safe places and can approach you?

 

 The pamphlets distributed by the Cabinet Office and the Fire Department include the above questions. If there are relatives or acquaintances, we encourage them to evacuate. It means trying to reduce the number of people who gather at the shelter as much as possible. Efforts are also being made to prepare as large an area as possible for evacuation centers. Therefore, there is a possibility that the evacuation centers designated by the municipalities have been changed or added, so check the website of the municipality. We also recommend that you bring your own masks, disinfectants, and thermometers as they are lacking in evacuation centers. When going to an evacuation center, I think it is better to bring your own cup with you. Probably food such as bread and rice balls will be prepared at the shelter. These are individually wrapped and will not come in contact with others. On the other hand, drinking water will be drawn from the tap water if it is not cut off. In that case, I think there are paper cups available, but the number will be limited. Also, if the water was cut off, bottled water will be distributed. A glass of 2L PET bottle will be consumed by a few people, so a cup is still essential. The risk of new coronavirus infection increases if you drink water from a plastic bottle.

 

If you are in a safe place, you should also choose not to evacuate.

 

 Evacuation advisories are often issued on a municipal basis. But, for example, if you live in the same town but away from hills, rivers, and the sea, and you do not have to worry about floods, high tides, or landslides, is it really necessary to evacuate? In fact, if your home is free from disaster, you should choose not to go to the shelter, even if evacuation advisories are issued. Careful action is required to prevent the spread of the new coronavirus infection.

 

Now is the time to check the disaster prevention infrastructure.

 

 Are river and sea breakwaters okay? Isn't the strength weakened due to cracks? If you use an underwater drone when performing an inspection, it will not be in a 3 dense state. Please use our underwater drone rental service. It is possible to shoot with 4K video, and many people can check it by using the captured video for telework. I look forward to hearing from you.