新型コロナウイルスに空気感染のリスクがあるそうです。(It seems that the new coronavirus has a risk of airborne infection.)

2020/07/09 ブログ

 最近、新型コロナウイルスの空気感染の可能性について、科学者から提言がありました。そして今日、世界保健機関(WHO)の高官の話として、「新型コロナウイルスの空気感染(飛沫核感染)の可能性を示す証拠が出始めていることを認識し、感染経路の一つである可能性を見極めていると明らかにした。」というニュースがリリースされました。まだ、「可能性」の話なので、事実か否かは不明です。これまでもWHOは、新型コロナウイルスについて色々な事実とは異なる発表を行っているので、素直に信じることは難しいです。でも、もし新型コロナウイルスが空気感染する場合、これまでと同じ対処方法で良いのでしょうか?

 

飛沫感染と空気感染の違いは何でしょうか?

 

 これまで、新型コロナウイルスは飛沫感染をすると考えられてきました。そのため、マスク着用とうがい手洗い、ソーシャルディスタンスの確保などが、新型コロナウイルス感染防止対策として認められています。新型コロナウイルスが空気感染をする場合、これらの対策はどこまで有効なのでしょうか?飛沫感染と空気感染は、ウイルスの拠り所が必要か、不要かという違いです。飛沫感染は、感染者に由来する唾や痰、鼻水などにウイルスが含まれていて、それが他の人の口や鼻の粘膜に付着することで感染することです。一方空気感染の場合、患者の体外に出たウイルスが唾などを媒介せずに、空気中を漂って他人に感染します。つまり、新型コロナウイルス感染患者が鼻をかんだ紙などが乾いた場合、その紙からウイルスが遊離して、他人に感染するリスクがあります。一番リスクが高くなる場所は、満員電車やコンサート会場など、密閉空間で多くの人がいる環境です。また、十分な換気が行われていないスーパーなどもリスクが高くなります。感染者由来の唾や痰、鼻水が乾いた後、ウイルスが風に巻き上げられて、室内に漂うことが空気感染では問題です。

 

新型コロナウイルスが空気感染する場合、どのような対処が必要でしょうか?

 

 まだ決定したことではありませんが、もし新型コロナウイルスが空気感染する場合、私達が取るべき対策は何でしょうか?基本的に、私達が出来ることは限られています。マスク着用と手洗い、それに加えて衣服のこまめな洗濯くらいでしょう。むしろ、施設管理者が施設の洗浄、換気の徹底、ゴミの封印などが重要となります。空気感染の元をたたくため、人由来の分泌物を除去することが大切な項目になるでしょう。もっとも、空気感染するとしても、距離の2乗に反比例して感染リスクが減少するため、密閉空間を避けることを心掛けましょう。

 

豪雨の季節になりました。堤防は万全でしょうか?

 

 熊本で豪雨が降り、多くの人が被害を受けています。実際、球磨川では堤防を越えて水が集落に流れ込んで、多くの家屋が浸水を受けています。多くの被害者が避難所に避難していますが、もし新型コロナウイルスが空気感染するとなると、多くの人が密集する避難所は、感染リスクが非常に高くなります。もし、堤防が決壊していたと仮定すると、より多くの人が避難所に集まっていたでしょう。堤防が決壊しないように、普段のメンテナンスが重要です。水中ドローンで堤防の側壁を点検して、弱い箇所を補強しておくことは、決壊リスクを低減させます。当社では水中ドローンをレンタルしております。堤防決壊と言う災害を防ぐためにも、当社の水中ドローンレンタルサービスをご利用下さい。
 

Recently, scientists have made suggestions regarding the possibility of airborne transmission of the new coronavirus. And today, a senior official of the World Health Organization (WHO) said, "We are aware that evidence of the possibility of airborne infection of new coronavirus (spray nucleus infection) is beginning to appear, and it is one of the transmission routes. The news has been released. It's still a possibility, so it's unclear whether it's true or not. Until now, WHO has made announcements about the new coronavirus that are different from the facts, so it is difficult to be honest. However, if the new coronavirus is transmitted by air, should the same measures as before be taken?

 

What is the difference between droplet infection and airborne infection?

 

 Up until now, it has been thought that the new coronavirus causes droplet infection. Therefore, wearing a mask, washing hands and securing social distance are recognized as measures to prevent new coronavirus infection. How effective are these measures when the new coronavirus is airborne? The difference between droplet infection and airborne infection is whether or not a virus base is needed. Droplet infection is a virus that is contained in saliva, sputum, or runny nose that comes from an infected person, and it is transmitted by adhering to the mucous membranes of the mouth or nose of another person. On the other hand, in the case of airborne infection, the virus that goes out of the patient's body does not transmit saliva, but drifts in the air and infects others. In other words, if a new coronavirus-infected patient has a blown nose paper, etc., there is a risk that the virus will be released from the paper and infect others. The place with the highest risk is an enclosed space with many people, such as a crowded train or a concert venue. Also, supermarkets that do not have sufficient ventilation are at higher risk. It is a problem in airborne infection that the virus is wound up in the wind and drifts indoors after the saliva, sputum, and runny nose from the infected person have dried.

 

What should I do if the new coronavirus becomes airborne?

 

 I haven't decided yet, but if the new coronavirus becomes airborne, what should we do? Basically, what we can do is limited. Wearing a mask, washing your hands, and often washing your clothes. Rather, it is important for the facility manager to clean the facility, thoroughly ventilate it, and seal the garbage. It is important to remove human-derived secretions in order to hit the air source. However, even if airborne, the risk of infection will decrease in inverse proportion to the square of the distance, so be careful to avoid closed spaces.

 

It was the season of heavy rain. Is the dike perfect?

 

 Many people have been damaged by heavy rains in Kumamoto. In fact, in the Kuma River, many houses have been flooded as water flows over the embankment into the village. Many victims are evacuating to shelters, but if the new coronavirus becomes airborne, shelters crowded with many people have a very high risk of infection. If the levee had collapsed, more people would have gathered in the shelter. Regular maintenance is important to prevent the bank from breaking. Inspecting the levee sidewalls with an underwater drone to reinforce the weak spots reduces the risk of collapse. We rent an underwater drone. Please use our underwater drone rental service to prevent the disaster called bank breakage.