海底に残した疑似餌が漁師達を悩ましています。(The artificial bait left on the seabed is annoying fishermen.)

2020/09/20 ブログ

 海洋へのプラスティックゴミが問題になっている今、釣り人が残した疑似餌が漁師達を困らせているようです。記事では、釣り人が使うタコ釣り用漁具「エギ(疑似餌)」が海底に引っ掛かり、残された状態にあると伝えています。その結果、漁師がタコつぼを漁船のローラーで引き揚げる際、絡まったエギの針が漁師の手や脚を直撃し負傷するトラブルが頻発しています。今年の夏に回収したところ、2カ月半で実に約1万6千個のエギが揚がりました。もちろん、これまで蓄積された結果だと思います。エギ1本400円から1000円位の価格ですから、大体740万円位が海に捨てられていたことになります。エギだけでなく、一般的なルアーも海底に引っかかっているので、タコつぼ漁だけでなく、底引き網漁の船からも苦情は出ています。エギが引っ掛かると海底で網が広がりません。その結果、網に魚が入らず漁に支障が出てしまいます。エギやルアーが岩場などに根掛かりし、好漁場を埋め尽くしていました。

 釣り人も海をプラスティックで汚染しないという意識を持つべきでしょう。エサ釣りに比べると、ルアーは餌の用意・餌付けなどの手間が省けるため、人気があります。ブラックバス釣りが流行した要因の一つに「ルアーで釣れる」という点でしょう。昔は海釣りにルアー用いられませんでした。近年ルアーが改良された結果、海でもスズキを始め小魚を食べる大型魚を対象とした釣りに用いられるようになりました。バス釣りなどの湖に比べ、海は水深が深く根掛かりしても回収が難しいのでラインを切って放置するのでしょう。放置されたルアーがマイクロプラスチックになって、海の生き物に害を与え、最終的には人にも害を与える可能性があります。

 

ルアーを根掛かりさせない釣り方をしましょう。

 

 私も釣りは好きで、エサ釣りは良くやりました。一方、ルアー釣りは2-3回試してみましたが、あまり(全く?)釣れないのでやらなくなりました。まあ、私が下手だったのでしょう。ルアーの根掛かりを回避するため、以下の釣り方が推奨されています。

1. ルアーの通すレンジを表層から順に攻める。
2. 魚のアタリとストラクチャーへのアタリを感じ分ける。
3. 高感度のタックルで釣りをする。
4. ルアーが着底したらすぐにボトムを切る。
5. いきなりタイトに投げない。
6. 最干潮時に見えない根などをチェックする。
7. 一度根掛かりした場所を覚えておく。
8. トレブルフックを変更する。

 1-5、8は、釣り方や感覚的な要素なので、釣り人次第です。しかし、6と7は海底の状態ですから、多くの場合わかりません。再干潮時に見えても海岸付近しか分かりません。海の中を見ながら釣りが出来れば、海の底の根や岩を避けることができますが、通常のルアーフィッシングでは、不可能でしょう。しかし、水中ドローンなら可能です。水中ドローンPowerRayは、釣り糸を結びつけるユニットを装備することが可能です。このユニットに釣り糸とルアーを付けて、海の中を見ながら釣りをすることができます。さらに魚群探知機機能も備えているので、魚のいる場所に運転していき、ルアーや餌釣りも楽しむことができます。水中ドローンPowerRayは格安でレンタルしております。一度、試してみてはいかがでしょうか?
 

 Now that plastic trash to the ocean is a problem, it seems that the artificial bait left by anglers is annoying fishermen. The article reports that the octopus fishing gear "Egi (pseudo bait)" used by anglers has been caught on the seabed and left behind. As a result, when a fisherman pulls up an octopus trap with a roller on a fishing boat, the entangled egg needles hit the fisherman's hands and legs directly and injure him frequently. When collected this summer, about 16,000 eggs were fried in two and a half months. Of course, I think it is the result accumulated so far. Since the price of one egg is about 400 to 1000 yen, it means that about 7.4 million yen was thrown into the sea. Not only eggs but also general lures are caught on the seabed, so not only octopus trap fishing but also bottom trawling boats are complaining. If the egg is caught, the net will not spread on the seabed. As a result, fish will not enter the net and fishing will be hindered. Egi and lures were rooted in rocky areas and filled up good fishing grounds. Anglers should also be aware that the sea is not polluted with plastic. Compared to bait fishing, lures are popular because they save you the trouble of preparing and feeding bait. One of the reasons why black bass fishing has become popular is that you can fish with a lure. In the old days, lures were not used for sea fishing. As a result of recent improvements in lures, it has come to be used for fishing for large fish that eat small fish such as sea bass even in the sea. Compared to lakes such as bass fishing, it is difficult to recover the sea even if it is deeply rooted, so you will probably cut the line and leave it. Abandoned lures can become microplastics that can harm sea creatures and ultimately humans.

 

Let's do fishing that does not let the lure take root.

 

 I also like fishing and did a lot of bait fishing. On the other hand, I tried lure fishing 2-3 times, but I couldn't catch it so much (at all?), So I stopped doing it. Well, I wasn't good at it. The following fishing methods are recommended to avoid the lure getting stuck.

 

1. Attack the range through which the lure passes in order from the surface layer.
2. Distinguish between the Atari of the fish and the Atari of the structure.
3. Fishing with a sensitive tackle.
4. Cut the bottom as soon as the lure has landed.
5. Do not throw tight suddenly.
6. Check for invisible roots at low tide.
7. Remember where you once took root.
8. Change the treble hook.

 

 1-5 and 8 are fishing methods and sensory elements, so it depends on the angler. However, 6 and 7 are the state of the seabed, so in many cases we do not know. Even if you can see it at low tide, you can only see near the coast. If you can fish while looking in the sea, you can avoid the roots and rocks at the bottom of the sea, but it will not be possible with normal lure fishing. However, it is possible with an underwater drone. The underwater drone PowerRay can be equipped with a unit that ties the fishing line. You can attach a fishing line and lure to this unit and fish while looking at the sea. It also has a fish finder function, so you can drive to where the fish are and enjoy lures and bait fishing. Underwater drone PowerRay is rented at a bargain price. Why don't you give it a try?