新型コロナウイルスの影響で、水族館がピンチです。(Due to the influence of the new coronavirus, the aquarium is in a pinch.)

2020/11/06 ブログ

 日本に水族館は100館以上あります。新江ノ島水族館や葛西臨海水族園、沖縄美ら海水族館などの有名な水族館から、さいたま水族館など小さな水族館まで、様々な形で運営されています。元々、魚や貝などの飼育は難しく、水替えや水質維持のコストがかかってしまうため、入場料は高めとなっています。また動物園とは異なり、水族館は屋内に水槽が設置されているので、人が多くなると「3密」状態になる危険が高まります。そのため、新型コロナウイルス感染症の流行は、水族館にとってとても困ったことなのです。このままでは、閉館される水族館が続出するかもしれません。

 

水族館の新型コロナウイルス対策について

 

 現在、全ての水族館で新型コロナウイルス対策が行われています。マスク着用や手の消毒など基本的な事と、営業時間短縮、各種イベントの中止などが行われています。状況によっては、入場制限などが行われる事もあるそうです。イルカショーなど、人気があるイベントが行われないことで、水族館としての魅力が半減してしまうかもしれません。もっとも、「水族館にイルカは必要なのか?」という議論は世界中で行われています。オーストラリアやニュージーランドを中心に、水族館で飼育されているイルカを海に帰そうというプログラムが行われています。水族館でイルカを飼育する意味は、イルカショーという商業利用の他、イルカの生態や繁殖の研究のためという話もあります。しかし、多くの水族館で飼育されているバンドウイルカは、絶滅危惧種どころか全く心配のない低危険種です。繁殖研究は、ほとんど商業目的になります。しかし、イルカショーが行われなくなれば、水族館でのイルカ需要も無くなり、水族館でイルカを飼育する意味が無くなるでしょう。

 

水族館も新たな試みが必要な時代になってきました。

 

 色々論議はありますが、現在イルカショーは水族館の目玉であり、象徴的な存在です。しかし、新型コロナウイルスの影響でイルカショーが行われていません。数多くある選択肢の中で、休日の娯楽の一つとして水族館を選んでもらうためには、他のイベントが必要となります。だからといって、珍しいお魚やエビ・カニ類を展示することは大変難しく、展示中に死んでしまうと悪評となるでしょう。少し前に葛西臨海水族園でマグロが大量死したことは、記憶に新しいですね。すると、現在展示中の水槽を使って、見せ方を変えるしかありません。

 その一つの方法として、水中ドローンを利用するのはいかがでしょうか?水中ドローンを使って、展示中のお魚やエビ・カニを水槽の中から、実況中継するという展示方法です。もちろん、ダイバーが水槽に入って撮影できますが、ダイバー存在感は、水槽の雰囲気を台無しとします。当社のCCROVなら、30cm四方よりもずっと小さな機体で、水槽の雰囲気を乱しません。また、水中ドローンの映像を外部出力で大型ディスプレーにミラーリングが可能です。是非一度試してみませんか?当社では、格安で水中ドローンCCROVのレンタルを行っています。
 

There are more than 100 aquariums in Japan. It operates in various forms, from famous aquariums such as the Enoshima Aquarium, Kasai Sea Life Park, and Okinawa Churaumi Aquarium to small aquariums such as the Saitama Aquarium. Originally, it is difficult to raise fish and shellfish, and the cost of changing water and maintaining water quality is high, so the entrance fee is high. Also, unlike zoos, aquariums have aquariums installed indoors, so the risk of becoming "three dense" increases as the number of people increases. Therefore, the epidemic of the new coronavirus infection is very troublesome for aquariums. At this rate, many aquariums may be closed.

 

About new coronavirus measures in aquariums

 

 Currently, all aquariums are taking measures against the new coronavirus. Basic things such as wearing masks and disinfecting hands, shortening business hours, canceling various events, etc. are done. Depending on the situation, admission may be restricted. The lack of popular events such as dolphin shows may reduce the attractiveness of an aquarium by half. However, the debate "Does aquariums need dolphins?" Is taking place all over the world. Programs are being held to return dolphins raised in aquariums to the sea, mainly in Australia and New Zealand. The meaning of raising dolphins in an aquarium is not only for commercial use called a dolphin show, but also for research on the ecology and breeding of dolphins. However, bottlenose dolphins kept in many aquariums are low-risk species that are completely safe, let alone endangered. Breeding research is mostly for commercial purposes. However, if the dolphin show is no longer held, there will be no demand for dolphins in the aquarium, and there will be no point in raising dolphins in the aquarium.

 

Aquariums have also entered an era in which new attempts are needed.

 

 Despite all the controversy, the dolphinarium is now the centerpiece and symbol of the aquarium. However, the dolphin show has not been held due to the influence of the new coronavirus. Of the many options, other events are needed to get the aquarium selected as one of the holiday pastimes. However, it is very difficult to display rare fish, shrimp and crabs, and if you die during the exhibition, it will be notorious. The fact that a large number of tuna died at Kasai Rinkai Aquarium a while ago is new to my memory. Then, there is no choice but to change the way it looks using the aquarium currently on display. How about using an underwater drone as one of the methods? This is an exhibition method in which the fish, shrimp, and crabs on display are broadcast live from the aquarium using an underwater drone. Of course, divers can enter the aquarium and shoot, but the diver's presence spoils the atmosphere of the aquarium. Our CCROV is much smaller than 30 cm square and does not disturb the atmosphere of the aquarium. In addition, the image of the underwater drone can be mirrored on a large display with external output. Why don't you give it a try? We rent underwater drone CCROV at a low price.