一度は見たいジャイアントケルプ、でも実はピンチです。(Giant kelp you want to see once, but it's actually a pinch.)

2020/12/21 ブログ

 新型コロナウイルス感染拡大のため、海外へ行くことは難しいです。でも、新型コロナウイルスのパンデミックが終息した時、水中ドローンで見に行きたい物があります。その一つがジャイアントケルプという巨大なコンブです。日本名だと、オオウキモと呼ばれています。オオウキモが密集した所は、ケルプの森と呼ばれて海底から海面までオオウキモが続いているそうです。そして、ケルプの森には多くのエビ・カニ、魚類、さらにはアザラシやラッコなども棲みついて、一種の生態系が形成されています。是非とも、ケルプの森に棲息する沢山の生物達を水中ドローンで、観察をしてみたいですね。このケルプの森は、自然界ではアラスカ半島沖からカリフォルニア湾に分布しています。ケルプの森を観察するためには、アメリカ西海岸へ行かなければなりません。

 

最近、ケルプの森は危機を迎えているようです。

 

 ケルプの森は1日2フィート(約60cm)も成長し、一見無敵の様に思えます。しかし、最近の5年間で約90%が失われてしまったようです。2つほど原因があるそうです。私が見に行くまで、残っていて欲しいと思います。

 

原因1ウニの食害

 

 ケルプの森の住人であるウニが大増殖して、コンブを食い荒らしていることが、原因の一つです。本来、ウニは同じ住人であるヒトデに食べられて、大増殖することはありません。しかし近年、ヒトデが消耗性疾患によって激減してしまいました。その結果、紫ウニの大増殖に繋がり、ケルプの森が危機になるくらい食害が生じました。カリフォルニア州北部で獲られて、高級食材として日本に輸出されている赤ウニと異なり、増殖した紫ウニは小さく商品価値がないそうです。

 

原因2海水温の上昇

 

 2014年以降、紫ウニに食い荒らされたケルプの森は、再生することができませんでした。その理由は、海水温上昇です。ケルプの森を構成しているコンブの成長には、冷たい海水も必要とされます。海水温上昇のため、冷水が供給されず、コンブの成長が滞ってしまいました。紫ウニの食害と相まって、ケルプの森は一つ一つと消滅していきました。

 

ケルプの森の再生の努力

 

 このようにケルプの森は全滅の危機に瀕しています。その中で、ケルプの森を再生する試みが行われています。ダイバー達が海に潜って、コンブに付着した紫ウニを回収しています。中には、掃除機のような装置を使って吸い取っているダイバーもいるそうです。さらに、単にウニの殻を破壊して回るという作業に変わり、ウニの除去が効率的になったようです。実際、ウニが除去されたジャイアントケルプでは、再生が始まったようです。

 

果たして、ジャイアントケルプは再生可能でしょうか?

 

 最近、海水温はより正常なレベルに戻っているようです。また、ヒトデの個体数は回復している可能性も出てきました。 新しいヒトデは、数年前に殺された消耗病に耐性があり、紫ウニの捕食者としての役割を再開するでしょう。ケルプの森を壊滅させた要因が無くなれば、ジャイアントケルプの再生が行われ、数も元に戻ることでしょう。その時に、アメリカ西海岸に渡って、水中ドローンで上から下まで観察したいと思います。海底から海面まで約50mに渡るジャイアントケルプは、水中ドローンで観察する良いターゲットだと思います。

#水中ドローン #ジャイアントケルプ #オオウキモ #ケルプの森
 

 It is difficult to go abroad due to the spread of the new coronavirus infection. However, when the pandemic of the new coronavirus is over, there is something I would like to see with an underwater drone. One of them is a huge kelp called Giant Kelp. The Japanese name is Giant kelp. The place where giant kelps are concentrated is called the kelp forest, and it is said that giant kelps continue from the seabed to the surface of the sea. Many shrimp, crabs, fish, seals and sea otters also live in the kelp forest, forming a kind of ecosystem. By all means, I would like to observe many creatures living in the kelp forest with an underwater drone. This kelp forest is naturally distributed from off the Alaska Peninsula to the Gulf of California. To observe the kelp forest, you have to go to the west coast of the United States.

 

Recently, the kelp forest seems to be in crisis.

 

 The kelp forest grows 2 feet a day and seems invincible at first glance. However, it seems that about 90% has been lost in the last 5 years. There are two causes. I want you to stay until I go see it.

 

Cause 1 Sea urchin feeding damage

 

 One of the causes is that sea urchins, the inhabitants of the Kelp forest, are proliferating and devouring kelp. Originally, sea urchins are eaten by sea stars, who live in the same area, and do not proliferate. However, in recent years, the number of sea stars has decreased sharply due to debilitating diseases. As a result, it led to the outbreak of purple sea urchins, causing catastrophic feeding damage to the kelp forest. Unlike red sea urchins, which are caught in northern California and exported to Japan as high-end foodstuffs, the grown purple sea urchins are small and have no commercial value.

 

Cause 2 Rise in seawater temperature

 

 Since 2014, the kelp forest devoured by purple sea urchins has not been able to regenerate. The reason is the rise in seawater temperature. Cold seawater is also required for the growth of the kelp that makes up the kelp forest. Due to the rise in seawater temperature, cold water was not supplied and the growth of kelp stagnated. Coupled with the feeding damage of purple sea urchins, the kelp forest disappeared one by one.

 

Efforts to revitalize the kelp forest

 

 In this way, the kelp forest is on the verge of annihilation. Among them, attempts are being made to regenerate the kelp forest. Divers are diving into the sea and collecting purple sea urchins attached to the kelp. Some divers use a device like a vacuum cleaner to suck up. Furthermore, it seems that the removal of sea urchins has become more efficient, instead of simply destroying the sea urchin shells and turning around. In fact, the giant kelp with the sea urchins removed seems to have begun to regenerate.

 

Is Giant Kelp Renewable?

 

 Recently, seawater temperature seems to have returned to more normal levels. It is also possible that the number of sea stars is recovering. The new sea star will be resistant to the wasting disease killed a few years ago and will resume its role as a predator for purple sea urchins. If the factors that destroyed the kelp forest disappear, the giant kelp will be regenerated and the number will be restored. At that time, I would like to cross the west coast of the United States and observe from top to bottom with an underwater drone. Giant kelp, which stretches about 50m from the seabed to the surface of the sea, is a good target for observing with an underwater drone.

#UnderwaterDrone #GiantKelp #KelpForest