コロナ撲滅の一年になりますように(May it be a year of eradication of COVID-19)

2021/01/05 ブログ

明けましておめでとうございます。


 昨年から続いている新型コロナウイルス感染症の流行が未だに続いています。新型コロナウイルス新規感染者は増加の一途を辿っています。現在、第3波として流行している新型コロナウイルスも、イギリスや南アフリカで変異した感染力の強いウイルスが入ってきている可能性もあります。しばらく、新型コロナウイルスの流行も収まりそうにありません。また、緊急事態宣言が7日にも1都3県(神奈川、埼玉、千葉)で出されると予想されています。その一方、イギリスやアメリカで新型コロナウイルスに対するワクチン接種が始まりました。まだ、医療関係者への接種が主体で、新規感染者数の減少など、目に見える効果は出ていません。しかし、新型コロナウイルス撲滅の第一歩として、大変喜ばしいことだと思います。

 

新型コロナウイルス用ワクチン製造会社とその詳細について

 

 新型コロナウイルス用ワクチンは数社が製造しています。現在、海外の会社が潜航しています。主な製造会社は、ファイザー(米国)、アストラゼネカ(英国)、モデルナ(米国)、ジョンソンエンドジョンソン(ヤンセン)(米国)、サノフィ(フランス)、ノババックス(米国)です。この中で、ファイザーとモデルナはmRNAワクチン、アストラゼネカとヤンセン、サノフィが、ウイルスベクターを使ったワクチンです。ノババックスだけは少し異なるワクチンで、昆虫細胞から精製した抗原タンパク質を「ナノ粒子ワクチン」としています。ウイルスベクターを利用したワクチンは、一部の感染症で使用実績があります。一方、mRNAワクチンやナノ粒子ワクチンは、使用実績がほとんどないため、安全性について不安視されています。日本は、ファイザーから6月まで1億2千万回、アストラゼネカから1億2千万回(うち3千万回は3月までに供給)、モデルナから5千万回(うち4千万回は2021年上半期)となっています。従来、ワクチンの生産に用いられてきた新型コロナウイルスを培養して、不活化ワクチンを作る会社は無いみたいですね。

 

日本の製薬会社は、新型コロナウイルス用ワクチンを開発しているのか?

 

 ニュースでも、海外の製薬会社が新型コロナウイルス用ワクチンを開発し、世界各国へ供給しています。日本の製薬会社でも、新型コロナウイルス用ワクチンの開発を行っていますが、あまり報じられていません。日本の製薬会社も頑張っていると思いますが、進行状況はどうなっているのでしょうか?塩野義製薬は、ノババックスと同じタイプのワクチンをフェーズ1/2まで開発しています。アンジェスは、ウイルスのDNAを人体に投与してウイルスタンパク質を体内で合成する独自の手法で、同じくフェーズ1/2まで開発しています。その他、第一三共等が開発を行っていますが、まだ動物実験のレベルです。日本はかつてワクチン開発の世界最先端を走っていたのですが、現在は残念な状況です。

 

ワクチンと治療薬は違います。

 

 ワクチンは健常者に接種して、人本来の免疫機構を利用して新型コロナウイルスの感染予防を目指した薬剤です。一方、新型コロナウイルスの感染患者に投与してウイルス粒子を取り除く治療薬と発熱等の諸症状を緩和する薬があります。日本はワクチン開発に遅れを取っていますが、治療薬はどうでしょうか?新型コロナウイルス流行初期に、富士フィルムHDのインフルエンザ治療薬アビガンが新型コロナウイルス治療薬として注目されていました。2020年12月の時点で、専門家会議から「効果が明確ではない」として、継続審査となっています。治療薬の完成は、まだ先の様です。

 

日本は治療薬の開発を目指すべきでしょう。

 

 既に、海外で新型コロナウイルス用ワクチンが開発されていますが、治療薬は完成していません。今後、新型コロナウイルスの変異種が多数出現して、ワクチンが無効となる可能性もあります。やはり、治療薬の開発は必須でしょう。また、現在の分子生物学を利用した分子ターゲット型抗ウイルス薬は、その緻密性ゆえに変異型ウイルスに無効となる可能性もあります。パンデミックの場合、従来の微生物やカビ類からのスクリーニングが結果として有効だと思います。新規微生物のスクリーニングは、これまで採取されたことのない環境サンプルから行うことは鉄則です。当社の水中ドローンは、湖底や海底から堆積物や水の採取が可能です。また、熟練したオペレーターも派遣します。是非、ご利用ください。

#新型コロナウイルス #ワクチン #水中ドローン

Happy new year.


The epidemic of the new coronavirus infection that has continued since last year is still continuing. The number of people newly infected with the new coronavirus is steadily increasing. It is possible that the new coronavirus, which is currently prevalent as the third wave, is also a highly infectious virus that has been mutated in the United Kingdom and South Africa. For a while, the epidemic of the new coronavirus is unlikely to subside. In addition, it is expected that an emergency declaration will be issued in 1 metropolitan area and 3 prefectures (Kanagawa, Saitama, Chiba) on the 7th. Meanwhile, vaccination against the new coronavirus has begun in the United Kingdom and the United States. Currently, vaccination is mainly given to medical personnel, and there is no visible effect such as a decrease in the number of newly infected people. However, I am very pleased as the first step in eradicating the new coronavirus.

 

About the new coronavirus vaccine manufacturer and its details

 

 Vaccines for the new coronavirus are manufactured by several companies. Currently, overseas companies are submerged. The main manufacturers are Pfizer (USA), AstraZeneca (UK), Moderna (USA), Johnson & Johnson (Jansen) (USA), Sanofi (France) and Nova Bucks (USA). Among them, Pfizer and Moderna are mRNA vaccines, and AstraZeneca and Janssen, and Sanofi are vaccines using viral vectors. Novabax is a slightly different vaccine, and the antigen protein purified from insect cells is called the "nanoparticle vaccine". Vaccines using viral vectors have been used in some infectious diseases. On the other hand, the safety of mRNA vaccines and nanoparticle vaccines is a concern because they have almost no record of use. Japan has 120 million times from Pfizer to June, 120 million times from AstraZeneca (of which 30 million have been supplied by March), and 50 million times from Moderna (of which 40 million times). Is the first half of 2021). It seems that there is no company that makes an inactivated vaccine by culturing the new coronavirus that has been used for vaccine production.

 

Are Japanese pharmaceutical companies developing vaccines for the new coronavirus?

 

 In the news, overseas pharmaceutical companies have developed vaccines for the new coronavirus and are supplying them to countries around the world. Japanese pharmaceutical companies are also developing vaccines for the new coronavirus, but there are not many reports. I think Japanese pharmaceutical companies are doing their best, but what is the progress? Shionogi is developing the same type of vaccine as Novabax up to Phase 1/2. AnGes is a unique method of administering viral DNA to the human body to synthesize viral proteins in the body, and is also developing up to Phase 1/2. In addition, Daiichi Sankyo and others are developing it, but it is still at the level of animal experiments. Japan used to be at the forefront of vaccine development in the world, but now it is a shame.

 

Vaccines and remedies are different.

 

 Vaccines are drugs that are inoculated into healthy people and aim to prevent infection with the new coronavirus by utilizing the human immune system. On the other hand, there are therapeutic drugs that are administered to patients infected with the new coronavirus to remove virus particles and drugs that relieve various symptoms such as fever. Japan is lagging behind in vaccine development, but what about therapeutic drugs? In the early days of the new coronavirus epidemic, Fujifilm HD's influenza drug Avigan was drawing attention as a new coronavirus drug. As of December 2020, the expert meeting said that the effect was not clear, and the examination was continued. The completion of the therapeutic drug is still in the future.

 

Japan should aim to develop therapeutic drugs.

 

 Vaccines for the new coronavirus have already been developed overseas, but no therapeutic drug has been completed. In the future, many variants of the new coronavirus may appear and the vaccine may become ineffective. After all, the development of therapeutic drugs will be essential. In addition, molecular-targeted antiviral drugs that utilize current molecular biology may be ineffective against mutant viruses due to their densities. In the case of a pandemic, I think that conventional screening from microorganisms and molds is effective as a result. It is a rule of thumb to screen for new microorganisms from environmental samples that have never been collected. Our underwater drones can collect sediments and water from the bottom of lakes and seas. We also dispatch skilled operators. Please use it by all means.

#COVID19 #Vaccine #UnderWaterDrone