日本のドローン開発(Drone development in Japanese company)

2021/01/16 ブログ

 空撮用ドローンが一般的になってから、かなり時間が過ぎました。残念ながら、日本のメーカーが製造販売する空撮用ドローンは、ほとんど見かけません。多くはDJI社、Holy Stone社などの中国企業、フランスのParrot社、Robotics社、Freefly systems社などのアメリカ企業などが販売しています。空撮用ドローンに日本企業は全く見かけません。日本企業は、相も変わらず新しい試みを行いません。「市場規模」や「投資効果」などを考慮していると思いますが、一番は「新規企画に対してR&Dは抑制し、既存の製品を元にしたR&Dを積極的に行う」という「石橋を叩いて渡る」経営方針によるものと思われます。経営コンサルタントも「失敗しない」ことを前提に求められるため、挑戦的な提案は難しいでしょう。しかし、その先にあるのは「サイレント・デス」です。実際、日本の電機メーカーは世界で家電市場を失いました。テレビも有機EL液晶の開発で、韓国のLGに負けてしまいました。結局、日本企業は世界の家庭で使われる製品の生産から、撤退せざるを得ませんでした。既存の製品で活路を見いだせない場合、未来への製品に活路を見出すことが良いと思うのは、私だけでしょうか?残念ながら、ドローンと言う未来の技術に対しても、日本企業は開発を行いませんでした。その結果が現状の日本不在のドローン市場となっています。

 

産業用ドローンは日本製もあります。

 

 特に農業の分野では、農薬など重い物を搭載できる大型のドローンが利用されています。農業用ドローンは、日本企業が多数参加しています。もっとも、国際シェアとなると、日本は姿を消します。国内市場限定の理由は、農水省の「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」や「経営継続補助金」などがあり、政府が積極的にドローンの農業への利用を後押ししているからです。農業用ドローンは主に農薬の散布に用いられています。しかし現在、EUが農薬の規制を強化し、それを東南アジアや南アメリカの農業生産国が追随しています。果たして農薬散布用ドローンに投資することが賢明か否か、私は疑問です。ドローンを使ってまで農薬を散布する場合、かなりの大規模農場が前提です。大量生産された農作物は、日本だけでなく世界に輸出することが目的でしょう。しかし、世界各国が農薬を用いた農作物の販売を禁止していると、買い手がいません。今後、農薬をできるだけ使用しない農業を研究・開発する方が賢明です。結局、農業へのドローン利用は、農作物を空撮して、病気や害虫被害の早期発見や作物の栽培状況などを観察することに留まるでしょう。空撮用ドローンで十分という結果に落ち着くでしょう。

 

嬉しいソニー参入のニュース

 

 今後、ドローンの市場が大きくなっていくことが見えてきました。そこで、とうとうというか、やっとというか、ソニーがドローンの開発プロジェクトを立ち上げました。ブランド名は、「Airpeak(エアピーク)」です。ソニーは元々、エアロセンス社を合弁で立ち上げていましたが、本社でもドローンの開発を行うようです。ソニー独自の特色が出ることを期待しています。「何かを最初に発明したということは、スタートの時点で勝ったということを意味するが、決して永遠にリードできるという意味ではない」。これは、いつも韓国起源説を唱えてくる韓国当局に対する中国共産党中央政法委員会のコメントです。日本のメーカーもこのコメントに倣って、積極的にドローンの開発を行って欲しいと思います。もちろん、空撮用ドローンだけでなく、水中ドローンについても、全く同じことが言えます。是非とも日本のメーカーに水中ドローンの開発も行って欲しいと思います。

#ドローン #ソニー #Airpeak


 It's been a long time since aerial drones became popular. Unfortunately, we rarely see aerial drones manufactured and sold by Japanese manufacturers. Many are sold by Chinese companies such as DJI and Holy Stone, and American companies such as Parrot, Robotics and Freefly systems in France. I don't see any Japanese companies in aerial drones. Japanese companies continue to make new attempts. I think that "market size" and "investment effect" are taken into consideration, but the first is "to suppress R & D for new projects and actively carry out R & D based on existing products." It seems that this is due to the management policy of "striking across a stone bridge." Since management consultants are also required on the premise that they will not fail, it will be difficult to make challenging proposals. But beyond that is "silent death." In fact, Japanese electronics manufacturers have lost the consumer electronics market worldwide. With the development of organic EL LCDs for TVs, we lost to LG in South Korea. In the end, Japanese companies were forced to withdraw from the production of products used in homes around the world. If I can't find a way out with existing products, am I the only one who thinks it's better to find a way out in products for the future? Unfortunately, Japanese companies did not develop the future technology of drones. The result is the current drone market without Japan.

 

Industrial drones are also available in Japan.

 

 Especially in the field of agriculture, large drones that can carry heavy objects such as pesticides are used. Many Japanese companies are participating in agricultural drones. However, when it comes to international market share, Japan disappears. The reason for limiting the domestic market is that the government is actively supporting the use of drones for agriculture, such as the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries' "Strong Agriculture / Leader Development Comprehensive Support Grant" and "Management Continuity Subsidy". Agricultural drones are mainly used for spraying pesticides. But now the EU is tightening regulations on pesticides, which are being followed by agricultural producers in Southeast Asia and South America. I wonder if it would be wise to invest in a pesticide drone. When spraying pesticides even with a drone, a fairly large farm is a prerequisite. The purpose of mass-produced agricultural products is to export them not only to Japan but also to the world. But if countries around the world ban the sale of agricultural products that use pesticides, there are no buyers. In the future, it is wise to research and develop agriculture that uses as few pesticides as possible. After all, the use of drones for agriculture will be limited to aerial photography of crops, early detection of diseases and pest damage, and observation of crop cultivation conditions. The result will be that an aerial drone is sufficient.

 

Happy Sony entry news

 

 It has become clear that the drone market will grow in the future. So, finally, or finally, Sony launched a drone development project. The brand name is "Airpeak". Originally, Sony started Aerosense as a joint venture, but it seems that the head office will also develop drones. I hope that Sony's unique features will come out. "Inventing something first means winning at the start, but it doesn't mean you can lead forever." This is a comment from the Central Political and Legal Commission of the Communist Party of China to the Korean authorities who always advocate the theory of Korean origin. I would like Japanese manufacturers to follow this comment and actively develop drones. Of course, the exact same is true for underwater drones as well as aerial drones. By all means, I would like Japanese manufacturers to develop underwater drones.

#Drone #Sony #Airpeak