新型コロナウイルスにワクチンの接種状況はどうなっているのか?ファイザーとアストラゼネカのワクチンなら、どちらが良い?

2021/03/10 ブログ

日本はファイザーのワクチンを接種しています。

 日本では、新型コロナウイルス用ワクチンとして、ファイザーのワクチンが 輸入されています。3月9日の時点で、ワクチン接種を受けた人は、107,558人と十万人に達しました。2月17日から接種が始まって、3週間ほど1日の接種人数は約2-6千人前後でしたが、3月8日は約2万4千人、3月9日は約3万6千人と増加しました。当初の目標は、3月1日まで医療従事者4万人の接種でしたが、実際には約3万人でした。目標達成とはなりませんでしたが、その後はワクチン接種数も急激に増加しているので、次の4月末までに医療従事者470万人の接種という目標は達成できるかもしれません。その一方で、3月9日の時点で、ワクチン接種によるアナフィラキシーショック症例も計17名となりました。約10万人中17人なので、約0.02%と5千人中1人という結果でした。インフルエンザワクチンの場合、5238万人中244例(2014年)と0.0005%でした。新型コロナウイルスワクチンの方が、インフルエンザワクチンよりも約40倍アナフィラキシーショックが出るという結果でした。

 

韓国は、アストラゼネカのワクチンを接種しています。

 

 韓国は世界保健機関(WHO)が主導するCOVAXからアストラゼネカのワクチンを購入しています。COVAXは、日本や中国を含む180以上の国・地域が参加し、ワクチンの公平分配を目指した組織です。高・中所得国がワクチンに共同出資・購入して人口の2割分を受け取る一方、低所得の国には無償で提供します。韓国はアストラゼネカのワクチン約260万回とファイザーのワクチン約12万回(予定)を購入しています。現在は、約38万人が摂取し、43人がアナフィラキシーショックの症状が出ているとの報道です。その結果、約0.01%の人と約1万人に1人という結果でした。ただ、体調を崩す方が多く、ワクチン接種を受けた人の約1%の人が体調不良を訴えています。母数が違うので単純比較できませんが、ファイザーもアストラゼネカもワクチン接種におけるリスクはあまり変わらないでしょう。

 

ワクチンは変異型に有効か否か

 

 最近の報道で、イギリス型や南アフリカ型のみならず、ブラジル型の変異コロナウイルス感染が報告されています。これら変異した新型コロナウイルスにワクチンが有効か否か、議論になっています。基本的にワクチンの有効性はウイルスの抗原型に依存します。例えば、インフルエンザの予防接種の時、A型かB型かを選定し、流行型と一致すれば、流行が抑えられる、と同じことです。なので、変異型コロナウイルスが、ファイザーやアストラゼネカのワクチンの認識部位に大きく変異が入っていた時、ワクチンの有効性が失われます。今後、ファイザーのワクチンは○○型に有効で、アストラゼネカのワクチンは△△型に有効という傾向も出てくるかもしれません。ファイザーはRNAワクチンなので、変異型ウイルスの遺伝子情報と使用したRNAの塩基配列情報から、ある程度の予想はできるかもしれません。

 

やはり新型コロナウイルス感染症の治療薬は必要です。

 

 結論として、アストラゼネカのワクチンは、接種後の一時的な体調不良を引き起こすリスクが高いです。しかし、ファイザーのワクチンもアストラゼネカのワクチンも、重篤なアナフィラキシーショックを起こす頻度は大きく変わることはありませんでした。しかし、変異した新型コロナウイルスに対する有効性は未知数であり、ワクチンの限界が見えてきています。やはり、抗ウイルス薬という治療薬が、新型コロナウイルスのパンデミック終結には必要でしょう。ワクチン開発では日本の製薬会社は、活躍しませんでしたが、抗ウイルス薬の開発では、活躍して欲しいと思います。


 現在の分子生物学を利用した分子ターゲット型抗ウイルス薬は、その緻密性ゆえにワクチンと同様に変異型ウイルスに無効となる可能性もあります。パンデミックの場合、原点に戻って、新規微生物やカビ類からの探索が結果として有効だと思います。新規微生物の探索は、これまで採取されたことのない場所から、サンプルを行うことが有効です。当社の水中ドローンは、湖底や海底から堆積物や水の採取が可能です。また、熟練したオペレーターも派遣します。是非、ご利用ください。

#新型コロナウイルス #ワクチン #ファイザー #アストラゼネカ #副反応

What is the status of vaccination against the new coronavirus? Which is better, Pfizer or AstraZeneca vaccine?

Japan is vaccinated with Pfizer.

 In Japan, Pfizer vaccine is imported as a vaccine for the new coronavirus. As of March 9, the number of vaccinated people reached 107,558, or 100,000. The inoculation started on February 17, and the number of inoculations per day for about 3 weeks was about 26,000, but on March 8 it was about 24,000 and on March 9 it was about 30,000. The number has increased to 6,000. The initial goal was to inoculate 40,000 health care workers until March 1, but in reality it was about 30,000. Although the goal was not achieved, the number of vaccinations has increased sharply since then, so the goal of vaccination of 4.7 million healthcare workers may be achieved by the end of April. On the other hand, as of March 9, there were a total of 17 cases of anaphylactic shock due to vaccination. Since there are 17 out of 100,000 people, the result was about 0.02%, which was 1 out of 5,000 people. In the case of influenza vaccine, it was 0.0005% in 244 cases (2014) out of 52.38 million people. The result was that the new coronavirus vaccine produced about 40 times more anaphylactic shock than the influenza vaccine.

 

South Korea is vaccinated with AstraZeneca.

 

 South Korea purchases AstraZeneca vaccine from COVAX, which is led by the World Health Organization (WHO). COVAX is an organization that aims for fair distribution of vaccines with the participation of more than 180 countries and regions, including Japan and China. High- and middle-income countries jointly invest in and purchase vaccines and receive 20% of the population, while low-income countries are provided free of charge. South Korea has purchased about 2.6 million AstraZeneca vaccines and about 120,000 Pfizer vaccines (planned). Currently, it is reported that about 380,000 people take it and 43 people have symptoms of anaphylactic shock. As a result, about 0.01% of the people and about 1 in 10,000 people. However, many people get sick, and about 1% of vaccinated people complain of poor health. It is not possible to make a simple comparison because the population parameters are different, but the risk of vaccination will not change much for both Pfizer and AstraZeneca.

 

Whether the vaccine is effective against mutants

 

 Recent reports have reported Brazilian-type mutant coronavirus infections as well as British and South African types. It is debated whether the vaccine is effective against these mutated new coronaviruses. Basically, the effectiveness of the vaccine depends on the antigen type of the virus. For example, at the time of influenza vaccination, if you select type A or type B and match the epidemic type, the epidemic can be suppressed. Therefore, when the mutant coronavirus has a large mutation in the recognition site of the Pfizer or AstraZeneca vaccine, the effectiveness of the vaccine is lost. In the future, Pfizer's vaccine may be effective against XX type, and AstraZeneca's vaccine may be effective against △△ type. Since Pfizer is an RNA vaccine, it may be possible to make some predictions from the genetic information of the mutant virus and the base sequence information of the RNA used.

 

After all, a therapeutic drug for the new coronavirus infection is needed.

 

 In conclusion, AstraZeneca vaccines are at high risk of causing temporary illness after vaccination. However, neither the Pfizer vaccine nor the AstraZeneca vaccine significantly changed the frequency of severe anaphylactic shock. However, the efficacy against the mutated new coronavirus is unknown, and the limits of the vaccine are becoming apparent. After all, a therapeutic drug called an antiviral drug will be necessary to end the pandemic of the new coronavirus. Japanese pharmaceutical companies did not play an active role in vaccine development, but I would like them to play an active role in the development of antiviral drugs.


 Molecular-targeted antiviral drugs that utilize current molecular biology may be as ineffective against mutant viruses as vaccines due to their densities. In the case of a pandemic, I think it is effective to go back to the origin and search for new microorganisms and molds as a result. To search for new microorganisms, it is effective to sample from a place that has never been collected before. Our underwater drones can collect sediments and water from the bottom of lakes and seas. We also dispatch skilled operators. Please use it by all means.

#COVID19 #Vaccine #Pfizer #AstraZeneca #SideReaction