水中ドローンを上手に利用する上で、大切な事

2021/08/16 ブログ

 水中ドローンは空中ドローンと違って、万が一停止しても落ちて破損することはありません。また水中ドローンの場合、その場で練習して、操作を習熟することも可能です。ある意味、水中ドローンは空中ドローンよりも運転に対するハードルが低いと言えるでしょう。実際、水中ドローンを始めて運転しても、ある程度楽しむことができるでしょう。ただし、美しい水中映像の撮影や船底の点検などを行う場合、上手に水中ドローンを制御する必要があります。上手に水中ドローンを利用するためには、いくつか大切な事があります。FIFISH V6の利用する場合、以下の事が重要です。

制御に使うモバイル機器は、iPad miniと遮光フードを利用しましょう。

 FIFISH V6のみならず、多くの水中ドローンはiPhoneやAndroid、iPadなどのタブレット等のモバイル機器を利用します。モバイル機器の画面に、本体カメラの映像や深度等を映し、録画や撮影などの制御も行います。このモバイル機器は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンではなく、大きな画面のiPad miniをお勧めします。水中ドローンの制御、撮影のポイントや障害物の把握など、画面から得られる情報は非常に多いです。小さい画面では、地形把握が難しいため、水中ドローンの制御が困難になります。また、魚が画面を横切っても、よくわからない場合もあります。海や湖の生物を撮影する上でも、大きな画面は必要でしょう。


 最も必要な物の一つはiPad mini用遮光フードです。水中ドローンは屋外が使用することが多く、iPad miniの画面に周囲の光が反射して、非常に見づらくなります。晴天の時は当然として、曇天の時でも結構見づらくなります。そのため、遮光フードが必須となります。画像は、曇天時に遮光フード有りと無しのiPad mini 画面を撮影した結果です。もちろん、何の補正も加えていません。遮光フードの重要性を良く分かってもらえると思います。ただし、遮光フードをiPad miniに装着するとiPad mini本体の温度がかなり上昇します。時には、高温のためiPad mini本体がスリープします。時々、iPad mini本体を触って、温度を確認しましょう。
 

スクリューに絡みつくゴミに気を付けましょう。

 FIFISH V6を海や池で航行させると、水中に漂うゴミがスクリューに絡みつく場合があります。スクリューにゴミが絡みつくと操作に支障を来たします。潜航しようとしても、できなかったり、前進させても曲がって進んだりと、水中ドローン本体の動きが操作と異なってきます。FIFISH V6本体の挙動に何か異変を感じた時は、直ちにコントローラーのロックボタンを押して、本体をロックします。その後、ケーブルを引っ張って、FIFISH V6本体を回収しましょう。


 回収した本体のスクリュー周囲を全てチェックして、巻き込まれた異物を取り除きましょう。釣り糸など、どうしても取り除けない物は、ねじ止めしてあるスクリューカバーを外して、取り除きましょう。

当社では、FIFISH V6を安全に運用するためのツールを全て準備しております。

 当社では、水中ドローンFIFISH V6をレンタルしております。レンタルを希望されるお客様の目的は、様々です。いずれにしても、FIFISH V6を上手に操作して、目的を達成して欲しいと思います。そこで、今までお話したツールをFIFISH V6の付属品としてレンタルすることにしました。お客様に水中ドローンを不安なく使用して頂きたく、思います。せっかく、水中ドローンをレンタルしても、直ぐにスクリューに何か絡みついて、使用できなくなるという心配や、画面が見づらくて、思うように操作できなかったという不満が解消するでしょう。

 FIFISH V6の場合、撮影した映像は本体に記録されます。記録された映像は、接続したモバイル機器、またはコントローラーに挿入されたmicroSDカードにコピーして取り出します。iPad mini レンタル品を使用された場合、microSDカードまたはFIFISH V6をお客様のモバイル機器に接続し直して、映像を取り出して頂きたいと思います。microSDカード用のUSB接続アダプターも付属しております。どうぞご利用ください。

#FIFISH #水中ドローン #安全運転

Important things to make good use of underwater drones

 Underwater drones, unlike aerial drones, will not fall and be damaged in the unlikely event of a stop. In the case of an underwater drone, it is also possible to practice on the spot and master the operation. In a sense, underwater drones have lower driving hurdles than aerial drones. In fact, even if you drive an underwater drone for the first time, you will enjoy it to some extent. However, when shooting beautiful underwater images or inspecting the bottom of a ship, it is necessary to control the underwater drone well. There are some important things to do in order to use an underwater drone well. When using FIFISH V6, the following things are important.

Use the iPad mini and light-shielding hood as mobile devices for control.

Many underwater drones, not just FIFISH V6, use mobile devices such as tablets such as iPhone, Android and iPad. The image and depth of the main camera are displayed on the screen of the mobile device, and recording and shooting are also controlled. For this mobile device, we recommend the iPad mini with a large screen instead of a smartphone such as iPhone or Android. There is a great deal of information that can be obtained from the screen, such as controlling the underwater drone, grasping shooting points and obstacles. On a small screen, it is difficult to grasp the terrain, which makes it difficult to control the underwater drone. Also, when a fish crosses the screen, it may not be clear. You will also need a large screen to photograph the creatures of the sea and lakes.
 One of the most needed is a light-shielding hood for the iPad mini. Underwater drones are often used outdoors, and the screen of the iPad mini reflects ambient light, making it extremely difficult to see. Naturally in fine weather, it is quite difficult to see even in cloudy weather. Therefore, a light-shielding hood is essential. The image is the result of shooting the iPad mini screen with and without the shading hood in cloudy weather. Of course, I haven't added any corrections. I hope you will understand the importance of the light-shielding hood. However, if you attach the light-shielding hood to the iPad mini, the temperature of the iPad mini itself will rise considerably. Sometimes the high temperature causes the iPad mini to sleep. Check the temperature by touching the iPad mini body from time to time.

Watch out for dust that gets entangled in the screw.

 When the FIFISH V6 is sailed in the sea or pond, dust floating in the water may get entangled with the screw. If dust gets entangled with the screw, it will interfere with the operation. Even if you try to dive, you can not do it, or even if you move forward, you will bend and move forward, and the movement of the underwater drone body will be different from the operation. If you feel something is wrong with the behavior of the FIFISH V6 main unit, immediately press the lock button on the controller to lock the main unit. Then pull the cable to retrieve the FIFISH V6 body.
Check all around the screw of the collected body and remove the foreign matter caught in it. For things that cannot be removed, such as fishing line, remove the screw cover that is screwed in and remove it.

We have all the tools to operate FIFISH V6 safely. 

 We rent an underwater drone FIFISH V6. Customers who wish to rent have various purposes. In any case, I would like you to operate FIFISH V6 well and achieve your goals. Therefore, I decided to rent the tools I talked about so far as accessories for FIFISH V6. We want our customers to use the underwater drone without any anxiety. Even if you rent an underwater drone, you will be able to eliminate the worry that something will soon get entangled in the screw and you will not be able to use it, or the dissatisfaction that the screen is hard to see and you could not operate it as you expected.
In the case of FIFISH V6, the captured video is recorded on the main unit. The recorded video is copied to the connected mobile device or microSD card inserted in the controller and taken out. If you used an iPad mini rental product, we would like you to reconnect the microSD card or FIFISH V6 to your mobile device and take out the video. A USB connection adapter for the microSD card is also included. Please use it.

#FIFISH #UnderwaterDrone #SafeDriving