ロシアはウクライナに侵攻するのでしょうか?

2022/02/23 ブログ

 ウクライナとロシアの問題が日に日に戦争へと進んでいるように思います。ひょっとすると、今日明日中にもロシアがウクライナに侵攻し、戦争が始まってしまうかもしれません。最近のニュースを見る限り、ウクライナの人々はロシアの侵攻に抵抗するために軍事訓練をしているそうです。戦闘行為によりロシア・ウクライナ両国に死傷者が出てしまうと憎悪の感情が高まってしまい、両国政府は引くに引けない状況になってしまいます。どうか、戦闘が起きる前に、戦争回避の方向へ向かって欲しいと切に願います。

世界一広い国土を持つロシアが、なぜ他国を侵攻するのでしょうか?

 おそらく日本人なら誰もが疑問に感じることでしょう。ロシアの面積は約1,700万平方キロメートルと世界一位です。二位のカナダ、三位のアメリカの面積は約1,000万平方キロメートルなので、ロシアは圧倒的に広い国土を有しています。それなのになぜ他国を侵攻するのでしょうか?私も同様の疑問を持っていました。以前、ロシアに訪問する機会があり、ロシアの街並みや過去の建築物、人々の様子を見てきました。その時の印象から、なぜロシアが拡大主義に傾いていくのか、わかりました。サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館、ピョートル大帝夏の宮殿など、非常に雄大で美しい建築物でした。また、ピョートル大帝の青銅像も、大きく力強い雄姿を表現していました。つまり、過去のロシア帝国の偉大な歴史がそのまま残っているのです。これらの歴史的建築物を見ながら生活しているロシアの国民なら、自国に誇りを持つことでしょう。ロシア帝国を感じている国民なら、当然拡大主義に反対する人はいないでしょう。

ロシアは負けていない。

 日露戦争では、日本がロシア帝国に勝利しました。しかし、この勝利もロシア第一革命の発生など、ロシア側の混乱により戦闘の継続が難しくなったことが最大の要因です。実際、興和条約は日本が提案していました。そのため、次に戦争する機会があれば、ロシアは負けないと全国民が思っていることでしょう。実際に第二次世界大戦の時、ロシアは日ソ中立条約を破棄して、北方四島に侵攻しました。ロシア側としては、日露戦争の復習を果たした、というところでしょう。ロシア帝国は、第一次世界大戦、第二次世界大戦ともに戦勝国側であり、偉大な国家だという自尊心が、ロシア国民の心に強く根付いていることでしょう。ソビエト連邦は崩壊しました。しかし、ロシアはソビエト連邦と同レベルの同盟圏構築を目指しているのかもしれません。そのために、天然ガスと言う資源を利用して、各国へと影響力を拡大し、EUの国々にも影響力を浸透させてきました。結果として、ロシアの影響力拡大が今回のウクライナ危機を招いたとも言えるでしょう。経済的な繋がりが、国と国との友好関係に繋がるとは限らないという例の一つでしょう。日本も中国、ロシアと近いので、これら二国の拡大主義には、注意しなければなりませんね。

#ウクライナ #ロシア #紛争

Will Russia invade Ukraine?

 I think the problems of Ukraine and Russia are progressing to war day by day. Perhaps Russia will invade Ukraine today and tomorrow, and the war will begin. According to recent news, Ukrainians are training to resist the Russian invasion. If the fighting causes casualties in both Russia and Ukraine, the feelings of hatred will increase, and the governments of both countries will be in a situation where they cannot be beaten. I sincerely hope that you will move toward avoiding war before the battle begins.

Why does Russia, which has the largest land area in the world, invade other countries?

 Perhaps every Japanese person will be wondering. Russia has the largest area in the world with an area of about 17 million square kilometers. With Canada in second place and the United States in third place with an area of about 10 million square kilometers, Russia has an overwhelmingly large land area. So why invade another country? I had a similar question. Previously, I had the opportunity to visit Russia to see the Russian cityscape, past buildings and people. From that impression, I understood why Russia is leaning toward expansionism. It was a very magnificent and beautiful building, such as the Hermitage Museum in St. Petersburg and the Palace of the Emperor Pyotr Summer. The bronze statue of Peter the Great also represented a large and powerful male figure. In other words, the great history of the Russian Empire of the past remains. Russians who live by looking at these historic buildings will be proud of their country. Of course, no one who feels the Russian Empire will oppose expansionism.

Russia is not defeated.

 In the Russo-Japanese War, Japan defeated the Russian Empire. However, the biggest reason for this victory is that it became difficult to continue the battle due to the turmoil on the Russian side, such as the occurrence of the First Russian Revolution. In fact, the Kowa Treaty was proposed by Japan. Therefore, if there is a chance to go to war next time, all the people will think that Russia will not lose. In fact, during World War II, Russia abandoned the Soviet-Japanese Neutrality Treaty and invaded the four northern islands. On the Russian side, it seems that they have reviewed the Russo-Japanese War. The self-esteem that the Russian Empire is a victorious nation in both World War I and World War II and is a great nation will be deeply rooted in the hearts of the Russian people. The Soviet Union has collapsed. However, Russia may be aiming to build an alliance at the same level as the Soviet Union. To that end, we have used a resource called natural gas to expand our influence to each country and to instill influence in EU countries. As a result, it can be said that Russia's growing influence has led to this Ukrainian crisis. One example is that economic ties do not always lead to nation-to-country friendships. Japan is also close to China and Russia, so we must be careful about the expansionism of these two countries.

#Ukraine #Russia #Conflict