サル痘は世界的なパンデミックとなるのでしょうか?

2022/06/22 ブログ

 世界保健機関(WHO)が動物由来のウイルス感染症サル痘の流行に関する緊急委員会を6月23日に開催すると発表しました。この委員会では、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当するかどうかが検討されます。PHEICが宣言されれば、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症に次ぐ、2例目となります。サル痘は現在、主にヨーロッパで流行しています。また、オーストラリアでも発症していました。今後サル痘は、新型コロナウイルス感染症のように、世界的な大流行になるのでしょうか?実際、シンガポールでもサル痘患者が確認されています。また、韓国でもサル痘感染の疑いがある人が入国しています。いずれにしても、私達はサル痘についてよく知り、自分が感染しないように適切な対処を行うべきだと思います。

サル痘はどのように感染するのでしょうか?

 サル痘は動物からヒトへ感染する人獣共通感染症です。感染は、感染した動物の血液、体液、皮膚または粘膜の病変との直接接触から発生する可能性があります。アフリカでは、サル痘ウイルス感染が、ロープリス、樹上性リス、ガンビアの密猟ラット、さまざまな種類のサルなどを含む多くの動物で確認されています。サル痘は、ネズミなどの齧歯類が保有している可能性が最も高いです。調理が不十分な肉や感染した動物の肉製品を食べることが、感染リスク要因となる可能性があります。森林地帯またはその近くに住む人々は、感染した動物に間接的または低レベルで曝露する可能性があります。

 人から人への感染は、つばや痰、感染者の皮膚病変、または最近サル痘に汚染された物との密接な接触から生じる可能性があります。吐息を介した感染は、長時間の対面接触により成立する可能性があります。そのため、医療従事者、家族、および感染者に長時間接触する人がより大きな感染リスクにさらされます。最長の感染経路は、近年、人から人への連続感染が6―9人に増加しています。これは、天然痘ワクチン接種の中止による免疫力の低下を反映している可能性があります。日本では1976年に、天然痘ワクチンの接種が廃止されています。現在、45歳以下の人は天然痘のワクチン接種が行われていません。また、母親から胎児への胎盤を介して感染し、先天性サル痘につながる可能性があります。さらに出産中および出産後の密接な接触中に感染する可能性があります。密接な人と人との物理的接触は感染リスクが高いとされていますが、サル痘の性感染経路を介した感染は、現時点では不明です。今後、性的接触による感染経路に関しては、研究が必要です。

サル痘感染の兆候と症状

 サル痘の潜伏期間(感染から症状の発現までの間隔)は通常6〜13日ですが、5〜21日の範囲である可能性もあります。感染は2つの期間に分けることができます:

浸潤期間(0〜5日続く)
  発熱、激しい頭痛、リンパ節腫脹(リンパ節の腫れ)、腰痛、筋肉痛、激しい脱力感が症状として現れます。リンパ節腫脹は、初期症状が似ている他の感染症(水痘、はしか、天然痘)とは異なるサル痘だけの特徴です。


発疹の出現期
    皮膚の発疹は通常、発熱から1〜3日以内に始まります。発疹は、体幹よりも顔や四肢に集中する傾向があります。顔(95%)、手のひら、足の裏(75%)に影響します。また、角膜だけでなく、口腔粘膜(症例の70%)、生殖器(30%)、結膜(20%)も影響を受けます。発疹は、丘疹(わずかに隆起した硬い病変)、小胞(透明な液体で満たされた病変)、膿疱(黄色がかった液体で満たされた病変)、および乾燥して脱落する痂皮へと順次進行します。発疹の数は数千から数千までさまざまです。重症の場合、皮膚の大部分が剥がれるまで発疹が合体することもあります。

 サル痘は通常、症状が2〜4週間続く自己完結的な病気です。特に子供の重症化例は多く、ウイルス曝露の程度、患者の健康状態、および合併症の性質に関係してきます。根本的な免疫不全は、より悪化する可能性があります。サル痘の合併症には、二次感染、気管支肺炎、敗血症、脳炎、および視力喪失を伴う角膜の感染が含まれます。無症候性感染が発生する可能性は不明です。
 サル痘の致死率は、歴史的に一般人口で0〜11%の範囲であり、幼児の間でより高くなっています。最近では、致死率は約3〜6%です。天然痘の致死率30%と比較して、低いと言えます。

サル痘のワクチンは天然痘ワクチンが代用されます。

 天然痘ワクチン接種は、いくつかの観察研究を通じて、サル痘の予防に約85%有効であることが実証されています。 したがって、以前の天然痘ワクチン接種は、症状を軽くする可能性があります。現時点では、第1世代の天然痘ワクチンは一般に利用できなくなりました。改変弱毒化ワクシニアウイルス(アンカラ株)に基づくさらに新しいワクチンが、2019年にサル痘の予防のために承認されました。これは、入手可能性が限られたままの2回投与ワクチンです。 天然痘およびサル痘ワクチンは、オルトポックスウイルスに対する免疫応答の交差防御を利用して、ワクシニアウイルスに基づく製剤として開発されています。今後、サル痘がどの程度流行するのか、注意深く観察する必要があるでしょう。


 今回は水中ドローンとはあまり関係のない話でしたが、抗ウイルス剤の開発の需要は高まっていくと思います。抗ウイルス剤は細菌やカビが生産する化学物質が利用される場合が多いです。細菌やカビ類は、土壌中から分離されることが多く、これまで多くの細菌やカビが単離されています。今後、新しい細菌やカビ類は新規に取得された土壌から分離されます。水中ドローンで海底や湖底の堆積物を取得して、抗ウイルス剤の探索に活用してみませんか?当社では水中ドローンのレンタルを行っています。是非、ご利用ください。

#サル痘 #天然痘 #ワクチン #パンデミック #水中ドローン

Will monkeypox become a global pandemic?

The World Health Organization (WHO) has announced that it will hold an emergency committee on the epidemic of monkeypox, a viral infectious disease of animal origin, on June 23. This committee will consider whether it falls under the category of "Public Health Emergency of International Concern" (PHEIC). If PHEIC is declared, it will be the second case after the new coronavirus infection on January 30, 2020. Monkeypox is currently prevalent mainly in Europe. It also occurred in Australia. Will monkeypox become a pandemic in the future, like the new coronavirus infection? In fact, monkeypox cases have been confirmed in Singapore as well. Also, in South Korea, people suspected of being infected with monkeypox have entered the country. In any case, I think we should be familiar with monkeypox and take appropriate measures to prevent ourselves from becoming infected.

How does monkeypox get infected?

 Monkeypox is a zoonotic disease that is transmitted from animals to humans. Infection can result from direct contact with lesions of the infected animal's blood, body fluids, skin or mucous membranes. In Africa, monkeypox virus infection has been identified in many animals, including rope squirrels, tree squirrels, Gambian poaching rats, and various species of monkeys. Monkeypox is most likely possessed by rodents such as mice. Eating poorly cooked meat or infected animal meat products can be a risk factor for infection. People living in or near forest areas may be exposed to infected animals indirectly or at low levels.

 Human-to-human transmission can result from close contact with sputum, sputum, skin lesions of infected individuals, or recently contaminated monkeypox. Infection through sighs can be established by prolonged face-to-face contact. As a result, long-term contact with health care workers, family members, and infected people is at greater risk of infection. The longest route of transmission has increased from person to person to 6-9 in recent years. This may reflect a weakened immune system due to the discontinuation of smallpox vaccination. In Japan, vaccination with smallpox vaccine was abolished in 1976. Currently, people under the age of 45 are not vaccinated against smallpox. It can also be transmitted from the mother to the fetus through the placenta, leading to congenital monkeypox. In addition, it can be transmitted during close contact during and after childbirth. Although close human-to-human physical contact is considered to be at high risk of transmission, transmission through the sexual transmission route of monkeypox is unknown at this time. In the future, research is needed on the transmission route through sexual contact.

Signs and symptoms of monkeypox infection

The incubation period of monkeypox (the interval between infection and onset of symptoms) is usually 6 to 13 days, but can range from 5 to 21 days. Infection can be divided into two periods:

Infiltration period (lasting 0-5 days)
  Symptoms include fever, severe headache, swollen lymph nodes (swelling of the lymph nodes), lower back pain, muscle pain, and severe weakness. Lymphadenopathy is a characteristic of monkeypox only, unlike other infectious diseases (chickenpox, measles, and smallpox) that have similar initial symptoms.


Appearance period of rash
    Skin rashes usually begin within 1 to 3 days of fever. The rash tends to be more concentrated on the face and limbs than on the trunk. It affects the face (95%), palms and soles (75%). In addition to the cornea, the oral mucosa (70% of cases), genitals (30%), and conjunctiva (20%) are also affected. Rashes are sequential to papules (slightly raised, hard lesions), vesicles (lesions filled with clear fluid), pustules (lesions filled with yellowish fluid), and dry and shedding crusts. Proceed. The number of rashes varies from thousands to thousands. In severe cases, the rash may coalesce until most of the skin is peeled off.

 Monkeypox is a self-contained illness that usually lasts for 2-4 weeks. Especially in children, the severity of the disease is high and is related to the degree of virus exposure, the health of the patient, and the nature of the complications. The underlying immunodeficiency can be exacerbated. Complications of monkeypox include secondary infections, bronchial pneumonia, sepsis, encephalitis, and corneal infections with anopsia. The possibility of asymptomatic infections is unknown.
Case fatality rates for monkeypox have historically ranged from 0 to 11% in the general population and are higher among young children. These days, the case fatality rate is about 3-6%. It can be said that the case fatality rate of smallpox is low compared to 30%.

The monkeypox vaccine is replaced by the smallpox vaccine.

Smallpox vaccination has been demonstrated to be approximately 85% effective in the prevention of monkeypox through several observational studies. Therefore, previous smallpox vaccination may alleviate the symptoms. At this time, first-generation smallpox vaccines are no longer generally available. A newer vaccine based on the modified attenuated vaccinia virus (Ankara strain) was approved in 2019 for the prevention of monkeypox. This is a two-dose vaccine with limited availability. Smallpox and monkeypox vaccines have been developed as vaccinia virus-based formulations utilizing the cross-protection of the immune response against orthopox virus. It will be necessary to carefully observe how prevalent monkeypox will be in the future.
This time it was a story that has nothing to do with underwater drones, but I think the demand for the development of antiviral agents will increase. Chemical substances produced by bacteria and molds are often used as antiviral agents. Bacteria and molds are often isolated from the soil, and many bacteria and molds have been isolated so far. In the future, new bacteria and molds will be isolated from the newly acquired soil. Why don't you use an underwater drone to acquire seabed and lake bottom sediments and use them to search for antiviral agents? We rent underwater drones. Please use it.

#Monkeypox #Smallpox #Vaccine #Pandemic #UnderwaterDrone