海から「エンピツナミタナイス」という鉛筆に似た新種の甲殻類が見つかりました。

2022/08/30 ブログ

 先日の報道によると、頭の先が黒く、上から見るとまるで鉛筆のような姿をした甲殻類の新種が、千葉県鴨川市の海岸から発見されました。発見した研究者は、北海道大学大学院理学研究院の角井(かくい)敬知(けいいち)講師(38)さん達と報じられていました。タナイスと言う甲殻類は海底や河口などを生息地としている。体長は数ミリ~1センチと小さい。エビのように頭部付近には触角、胸付近には一対のはさみのような脚がありますが、体に六つの節があり、ダイオウグソクムシやワラジムシに近い特徴があります。


 エンピツナミタナイスは、波の穏やかな海中に生息し、体長は2~3ミリと小型のタナイスです。全体的に半透明の甲羅に覆われており、目のある頭の先が黒く、節に平行して黒いボーダーが特徴と報告されています。「エンピツナミタナイス」という名は和名で、科学者が一般に使う学名は「Zeuxo molybi」と名付けられました。「molybi」はギリシャ語で「エンピツ」と言う意味が含まれているそうです。

海はまだまだ新種の生物が沢山います。

 今回の「エンピツナミタナイス」の発見のように、海にはまだまだ多くの新種がいます。新種の発見には、第一に観察が必要です。色々な生物の中から、形が変わっていたり、行動が面白かったりする生物をよく観察することが新種発見へと繋がります。新しい生物の発見は、様々な科学的知見が得られ、時には産業に繋がることもあります。かつて、放線菌の新種発見競争がありました。新種の放線菌は新規の抗生物質を生産している可能性が高いことが理由でした。今回の甲殻類の発見も同様に、新しい物質を生産している可能性があります。ユニークな形態を維持する何らかの物質があるはずです。今後の研究成果に期待しましょう。でも解明や分析を行うためには、たくさん捕獲するか、養殖して数多くのエンピツナミタナイスが必要となることでしょう。甲殻類のような高等生物の分析は、数多くの個体を得ることが必要であり、大きなハードルとなっています。しかし新種の発見だけなら、私達でもできるかもしれません。時々、市井のアマチュア天文家が新しい小惑星を発見したというニュースも報じられています。海や川、湖の生物をよく観察すれば、新種の生物の発見も夢ではないかもしれません。

水中ドローンで生物を観察しませんか?

 海や川、湖には、まだまだ多くの生物が生息しています。水中ドローンで新種の生物を探しに行きませんか?水中ドローンは、動画や静止画の4K撮影が可能です。解像度が高い画像なら、生物の詳細な姿がわかります。当社では最新の水中ドローンFIFISHなどを格安でレンタルしております。是非、ご利用下さい。

#水中ドローン #エンピツナミタナイス
 

A new species of crustacean resembling a pencil called "Empitsuna Mita Rice" was found in the sea.

 According to reports the other day, a new species of crustacean with a black head and a pencil-like shape when viewed from above was discovered on the coast of Kamogawa City, Chiba Prefecture. The researchers who discovered it were reported to be Keiichi Kakui (38), a lecturer at the Hokkaido University Graduate School of Science. The crustaceans called tanais live on the seabed and estuaries. Body length is small, from a few millimeters to 1 centimeter. Like a shrimp, they have antennae near their heads and a pair of pincer-like legs near their chests.

 The Empitsuna Mitanice lives in the sea with calm waves, and is a small tanice with a body length of 2 to 3 mm. It is reported to be covered entirely by a translucent carapace, with a black head with eyes and a black border parallel to the segments. The name ``Empitsunamitanais'' is the Japanese name, and the scientific name commonly used by scientists is ``Zeuxo molybi''. "Molybi" seems to contain the meaning of "pencil" in Greek.

There are still many new species in the sea.

There are still many new species in the sea, such as the recent discovery of "Empitsuna Mitanice". Observation is the first step in discovering a new species. Close observation of organisms with unusual shapes or interesting behavior leads to the discovery of new species. The discovery of new organisms provides various scientific knowledge, and sometimes leads to industry. In the past, there was a competition to discover new species of actinomycetes. The reason was that the new actinomycetes are likely to produce new antibiotics. The crustacean discovery may similarly produce new substances. There must be some substance that maintains a unique form. Look forward to future research results. However, in order to understand and analyze it, it will be necessary to catch a lot or cultivate a lot of Empitsuna Mitanice. Analysis of higher organisms such as crustaceans requires obtaining a large number of individuals, which is a major hurdle. However, we may be able to discover new species. Occasionally, there are news reports of new asteroids discovered by ordinary amateur astronomers. If you carefully observe the creatures in the sea, rivers, and lakes, discovering new species may not be a dream.

Would you like to observe living things with an underwater drone?

Many creatures still live in the sea, rivers, and lakes. Would you like to go find a new species of creature with an underwater drone? Underwater drones can shoot 4K videos and still images. A high-resolution image provides a detailed picture of the organism. We rent the latest underwater drone FIFISH etc. at a low price. Please use it.

#UnderwaterDrone #EmpitsunaMitanice